生産性を上げる効率的な朝食の条件 忙しい朝でも時短できる簡単なおすすめの朝食も紹介

時間のない朝には朝食を食べている暇なんてありません。
それでも誰もが理解しているとおり朝食は、一日のパフォーマンスを向上させるためにはとても重要な意味を持っています。

だから一番まずいのは食べないという選択肢

大塚製薬株式会社 Otsuka Pharmaceutical

集中力を高める秘訣は、バランスのいい朝食に隠されているかもしれません。朝食の質と脳活動との関係について理解を深め、勉強や…

こちらの大塚製薬の記事でも述べられている通り、水しか飲まなかった人は、疲労感の溜まり方と集中度の変化に明らかな差があります。

画像は上記サイトから引用

このようにしっかり栄養を摂らないと、生産性を著しく低下させてしまいます。

いくら空腹じゃないとはいえちゃんと朝食は摂るようにしましょう。

生産性を上げる効率的な朝食の条件

時間がない朝には手軽に摂れるもの

時間が勿体ないので、とにかく調理が不要で手軽に効率的に食べられる朝食を目指したいです。

水を飲むくらいなら栄養補助食品を飲む方がいいですね。

早起きして時間が有り余っているという人には、優雅なカフェのモーニングなんてのもいいかもしれませんが、仕事や作業を前提とした一日ならば朝食は一日のパフォーマンスを担保するための栄養を摂取する機会だと割り切りましょう。

朝食も仕事のうちです。

これは学生でも同じですね。

作業をしながら食べられるもの

やはり時間がないので何かをしながら食べられるものが望ましい場合もあります。

僕の場合の例え話。
夜遅く帰ってくることが多かった現場では、睡眠時間を確保しようと思ったら朝家を出なければいけない時間のぎりぎりに起きることが多かったです。

そのため家で朝食を摂るのは最初から諦めていました。

職場に向かう途中、コンビニでコーヒーとパン(またはおにぎり)を買って仕事をしながら食べるという毎日でしたね。
これは僕に限った話ではなく、忙しい現場では仕事しながら食べる人はとても多かったです。

なので、ああこれが普通なのかと思ってしまったくらいです。
あのときは三食外で食べてましたね…。

脱線してしまいましたが、パンやおにぎりなど作業をしながらでも片手しか使わずに食べられるものはおすすめです。

しっかり栄養が摂取できるもの

手軽に済ませるからこそ栄養は妥協しないようにしましょう。

僕のいた現場にはセブンのチョコケーキを朝食代わりにする甘党がいました。

昼食・夕食のバランスを考えると何かしらの栄養が足りていないのは間違いありません。

カルシウム・鉄・ビタミン類・食物繊維あたりは外食ばかりしていると不足しがちになるので意識したいところです。
自分が昼食・夕食にどんなものを食べるのか食べてしまいがちなのか…を考えながら朝食で摂るべき栄養を決めていくのが理想です。

忙しい朝でも時短できる簡単なおすすめの朝食

ウイダーに代表される栄養補助食品

ゼリーの栄養補助食品はやっぱり定番。

最近ではAmazonのオリジナルブランドがコスパ良くておすすめです。

これはマルチビタミンですが、ビタミンが足りているなと思ったら他にも色んな栄養を選んで摂取できるのが栄養補助食品の良いところです。

カロリーが少ないので置き換えダイエットをしたい人にもおすすめですね。

ただし欠点はすぐにお腹が空いてしまうこと

お昼までこれで耐えなければいけないと考えると結構辛いです。
空腹を感じたら当然集中力なんて持続しないので、人によっては向いていないかもしれません。

オールブランなどのシリアル

こちらも朝食の定番。

家で食べる余裕がある人には圧倒的におすすめです。

食物繊維はもちろんビタミン類など一日必要な栄養を包括的に摂取することができます。

おすすめは特濃の豆乳と一緒に食べること。

こちらの特濃調製豆乳は通常の豆乳に比べて鉄分が圧倒的に多いです。

鉄分は日頃から不足しがち。
貧血や立ちくらみ防止のためにもシリアルを食べるときは特濃調製豆乳をおすすめしたいです。

有名なシリアルにフルグラがありますが、個人的にフルグラはおすすめできません。

一食分をオールブランと比較するとフルグラには実にオールブランの18倍の脂質が含まれています
(オールブランが0.7gでフルグラが12.6g)

とても健康的とは言えない数値なので、フルグラにするよりはオールブランにした方がいいと思います。
ただ、時間の節約の観点では大差ないですし、昼食と夕食の兼ね合いから脂質を多く摂っても大丈夫という方は好みで決めても大丈夫です。

こちらも欠点は人によってはお腹が空いてしまうかもしれないということですね。
ただ、ゼリーよりかは確実にお腹が膨れます。

パンやおにぎりなど片手で食べられるもの

脂質や健康を気にするなら積極的にパンを選ぶ理由はないですね。

より健康を重視するのであれば、おすすめはおにぎりです。

自分で作っても手軽ですし、作る時間がなければコンビニで買えばOK。

パンについてはもちろん脂質は多いのですが、サンドイッチなどは野菜や肉など栄養も同時に摂取できるので効率を考えると悪くないです。
どんなパンを食べるかによりますね。

いずれにしても昼食・夕食に何を食べるかによってバランスをとっていきたいところです。

おにぎりは腹持ちもいいですし、作業しながら食べられるので満足いくまで食べられます。

食べ過ぎだけは注意しましょう。

理想は忙しくない朝にすること

身も蓋もないことを言ってしまうと、結局は忙しくない朝を作ることこそが人生において一番有意義なことなのではないかと思います。

仕事しながら朝食を摂らなければいけないなんて余裕がなさすぎませんか。

毎日近所のカフェで優雅にモーニングを食べてから仕事ができるような時間と金の余裕が欲しいな…と思う今日この頃でした。

いつかそんな日を夢見て、今は効率重視で朝食を摂っていきましょう。