宝くじの当たる確率は低すぎる! 買い続けたらどれだけ損をするのかは還元率で確かめよう!

スポンサーリンク

誰もが一度はもしも大金持ちになったらなんてことを夢見るのではないでしょうか。

よく宝くじは夢を買うと言われています。
さて、その夢はいったいどれほどの当選確率になっているのかご存じですか?

スポンサーリンク

宝くじの当たる確率

有名なジャンボ宝くじで一等が当たる確率。

2000万分の1です。

ちなみに2000万分の1がどういう数字かというと、交通事故で900回死ぬ確率と同じです。

これは雷に撃たれる確率よりも低いんです。

よく宝くじの一等を取るよりも買ったその足で交通事故に遭う確率の方が高いと言われていますね。

まあ1等って5億円ですからね!
さすがに贅沢言いすぎなので、前後賞の1億円ならどうでしょうか?

それでも1000万分の1です。
じゃあ2等の1000万円は?

100万分の1です。

2等が当たるまでになんと飛行機が5回も墜落するそうです。
それくらい確率は低い。

でも続けていれば2等じゃなくてもこつこつ当選していつかお金を取り戻せるはず…と思っている人は甘いです。
実は日本の宝くじは、世界最強クラスのぼったくりギャンブルなんです。

宝くじの還元率は45%!?

今回の記事を書くに当たって、以下の本を参考にしています。

資料によると、宝くじに関しては法律で還元率が50%を超えてはならないと設定されているそうです。

そのため宝くじは還元率を45%程度に設定しているそうです。
この45%がどういう意味を持っているのか。

これがまさに買い続けていればどうなるのかということを証明する数字です。

宝くじに100万円つぎ込んだらどうなるのか?

答えは簡単。

45万円になる

還元率とはそういう数字です。
ただしこれはあくまで平均なので、運の悪い人は45万ではなく20万になるかもしれないし0になるかもしれない。
もちろん選ばれし人類であれば5億を手にすることだってできるかもしれません。

あくまでも確率です。

なので、圧倒的にハイリスクローリターン。
しかもこのギャンブル、遊戯的な目的があるわけでもなく純粋に夢という名の金が目的で買ってしまうので質が悪いです。
お金の知識がない人をカモにしているわけですね。

お金の知識を持っている人は絶対にやりません。

まとめ

宝くじを買い続けたらどれだけ損をするのか?
払ったお金に対して45%しか戻ってこない
スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事