スマホで学習するのはあり? 資格や学校の勉強などスマホを使った効率的な勉強方法を紹介!

スポンサーリンク

スマホで勉強なんてありえない!と思っている大人は絶対に多いです。

なぜなら自分たちが紙とペンで勉強してきたからです。
物心ついたときから紙とペンを使い、小中、場合によっては高大と一貫して学習してきました。

僕くらいになると大学の時にはもうノートも勉強方法も半分くらいデジタルでしたが、それでも最初はこれでいいのか?なんて思っていました。

でも、使っているとすぐにいいと言わざるをえないことに気づきます。

どう考えてもスマホを使った方が効率的な場合が多いです。
今回の記事では、スマホを使った場合に従来とどう違った勉強ができるのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

何時間集中!みたいな勉強方法は古い

勉強といえば学習机に教材を広げて椅子にどっかりと座って腰を据えて取りかかるのが普通でした。
日曜の朝のCMは学習机とランドセルのCMばかりだった時代も…(今はどうなんだろう)

その昔、学習机というものは、もはや9割くらいの勢いで小学生の間に浸透していたはずです。
僕の友達で持っていない人はいませんでした。

従来の勉強のメインはここに縛り付けられてやるものでした。

しかし、スマホがこの国の国民に浸透したことによって状況は変わります。

誰もが常にスマホを持っているのです。

つまり、学習者からしてみれば常に学習教材を手にしているようなものです。
スマホのアプリや動画、音声データといったものが学習に使えます。

そのためいつでもやりたいときに勉強ができるようになりました。
昔の人は寸暇を惜しむと言ってなんとか苦心してトイレやお風呂でも紙貼って勉強していましたが、それと同じようなものです。

電車で移動中に5分、寝る前に5分、朝起きたら5分、休み時間に5分…などなど。
こうしてスキマ時間を有効活用する勉強方法をとれば、実はそれだけで十分すぎるくらいの学習時間を確保できます。

机にどっしり構えて勉強を始める頃には既に1時間くらい勉強をしていたりするのです。
スキマ時間を利用しない学習だけではもったいないです。

もちろんこれはスマホじゃなくてもできるわけですが、正直めんどくさくないですか?
スキマ時間を使って勉強するたびにいちいち教材出さなきゃいけないわけです。

スマホだったらSNSで呟くついでに起動できます。
日常の習慣と地続きになっているところにスマホの強みがあります。

使えるものは何でも使うべき

当たり前のことですが、使えるものは何でも使うべきです。

ただし、重要なのは使えるものということ。
使えないものを無理やり使おうとしても意味はないです。

スマホの何がいいかというと、今まで使えるものだと思われていたあらゆる教材の代わりになるからです。
たとえば、以下のものはすべてスマホで代用できます。

スマホが代替になる教材
  • 教科書
  • 資料集
  • 参考書
  • 単語帳
  • 問題集
  • MP3プレイヤー(リスニング等)
  • 講義動画 などなど

電子書籍を利用すれば、紙の教材や他のデバイスなどすべて代替可能です。

昔の人はリスニングめちゃくちゃ苦手でした。
なぜって家に帰ってわざわざCDプレイヤーの電源入れてCDで聴きながら学習していたわけです。

今の学生って音楽興味ない人だったらCD触ることもないのでは…。
いや音楽だって定額サービスを利用する時代か…。

そういえば僕もここ数年は古いPCソフトのインストールディスクくらいしか触れていませんでした。

さて脱線しましたが、スマホがあればほぼすべての教材の代わりになるのです。

紙とペンを使わなければいけないと主張する先生は考えが古いです。
今は学校の試験や受験なども紙を使っているかもしれませんが、平成も終わろうかというご時世に列ごとにプリント配って試験なんて古典映画の風景かよって感じじゃないですか?

海外では完全デジタル化されている国もありますし、どうせ日本でもいずれそうなりますし、資格試験の一部は完全にデジタルになっているものもあります。

とはいえ、やっぱり紙とペンの方が合っているという人もいるでしょう。
しかしスマホを利用したときの効率は無視できません。

成功する人は、必要と感じれば使えるものは何でも使っていると思います。

スマホを使った効率的な勉強方法

スマホを使った効率的な勉強方法を紹介します!
と、言ってもすごく単純です。

勉強の計画を立てることです。

もうちょっと具体的に説明すると、スマホを使った勉強をするに当たって以下のような手順を踏むといいです。

スマホを使った効率的な勉強方法
  1. 教材(アプリや音声データなど)を揃える
  2. その日のスキマ時間にやる勉強の計画を立てる
  3. 実行する

まずはざっと必要なものを揃えてしまいましょう。
あとは、その日その日でやるべき勉強を決めてしまいます。

なぜこの計画を立てるのが重要なのかというと、スマホでの勉強は怠慢と紙一重だからです。

ふとするとサボってしまえるものがスマホの中には揃っています。
なので、スマホを持って「なにやろうかな~」なんて考えているうちにサボり始めてしまう可能性があります。

これを防ぐためにもあらかじめやることを決めておいて、サボる隙を与えないようにするのが、一番重要です。

それさえできてしまえば、あとは勉強を積み重ねるだけ!
スキマ時間を有効活用できるようになると、かなり勉強の効率が上がっていくのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事