0xc000000fのエラーが発生して修復もできずパソコンを起動できなくなった時の原因と対処方法

突然パソコンがつかなくなりました!

そのエラーが0xc000000fとかいう物々しいコード。
今回はこのエラーの原因とどうやって対処したのかを経験談的に記事にしてみたいと思います。

ブート領域を認識できないらしい

どうやら0xc000000fはブートエラーと呼ばれているもののようです。

HDDが破損したか、システムファイルが読み込めなくなっているか。
考え得る原因はかなり多いようです。

僕は特に何かやった覚えはなかったのですが、もしかすると日頃からユーザーアカウント入れ替えて使っていたのがよくなかったんじゃないか、と。

とにかくこのエラーが起きたということは、HDDの中身が吹っ飛ぶ可能性が非常に高いです。

DELLのサポートに問い合わせてみた

僕の使用していたパソコンはDELLのXPS8300で、実に8年も前のパソコンでした。
ちなみにOSはいまだにWindows7を使っていました。

データ吹っ飛んでもいいやと思ってリカバリディスクを使用したかったのですが、DELLは現在リカバリディスクが付属していないそうなのです。

WindowsのUSBで作るリカバリディスクもDELLのパソコンは対応していないらしく、購入直後にリカバリディスクを作る必要がありました。
ええ、もちろん作っていませんでした。

なのでどうすることもできなかったためサポートに問い合わせてみました。

DELLサポートの回答

中国語なまりのお兄さんが応答してくれました。
症状を説明してみたら恐らくHDDがやられているでしょうという回答。

そこまではだいたい分かっていました。

なのでどうすればいいのでしょうか、と聞いてみました。

お近くのパソコン修理屋に持って行ってみてください。

って、マジ!?

それサポートの回答としてありなのか?笑
なんて思ってしまうような回答をいただいて問い合わせ終了。

もちろんデータ復旧は無理。
いよいよ詰んだな…と思ったわけですが、そういえばもう一つ対処方法を教えてもらっていました。

あきらめずに通常起動を繰り返してみてください。

だそうです。

0xc000000fエラーの実際の対処方法

僕が実際にやった対処方法を紹介します。

それは、通常起動を繰り返したということです。

DELLのサポートが言っていることはマジだった。
コンセント抜き差ししたり色々試しながら通常起動を繰り返していたら本当にふとした瞬間に起動してしまいました。

対処方法
あきらめずに通常起動を繰り返す

無事起動できた後の注意点

ちゃんと起動できた後、僕はもう二度と立ち上げられないだろうと思って三日くらい付けっぱなしにしていました。

まずはリカバリディスクを…と思ったら今度はリカバリ領域が破損しているらしくてリカバリディスクを作ることは叶いませんでした。

これはもう壊れていますよね。
仕方ないのでできる限りのバックアップをとって、自作PCを作るべくパーツを注文しまくってデータもお引っ越しです。

なんかメモリ弱っていたみたいで、バックアップとるのにもめちゃくちゃ時間かかりました。
これが三日間です。

ほぼすべてのデータをクラウドにアップロードできて、なんとか不幸中の幸いといったような状況でXPS8300は引退です。

がんばった。

まとめ

まとめ
原因:HDDの破損?システムファイルの破損?
解決方法:通常起動をあきらめずに繰り返す。
解決後:バックアップをとってパーツ交換または修理。