プログラミングができるなら転職はエンジニアらしく戦略的にいこう

スポンサーリンク

転職を考えているSEやSIは、日本全体を見てもまず間違いなく多いです。

国外に目を向ければ、たとえばアメリカなら転職によってより良い仕事環境を勝ち取っていくのは当然という価値観。

日本はその逆で、いまだに終身雇用が美徳と見なされることが多いです。
それでもSEやSIといった職種の人たちが転職を考えるのはなぜなのか?

理由は単純。

環境も収入もよくないからです!

スポンサーリンク

世界と日本の収入の差

新卒や若手の多くは月収20万円そこそこで働かされているのではないでしょうか。

ぶっちゃけ新卒で基本給20万円超えていれば良いほうですけどね。
以前、以下のように年収1000万円稼ぐ人になる方法を考察しました。

要するに今より稼げる企業に転職するのを繰り返しましょうという話なんですが、今回は視点を絞ってエンジニアに向けた記事を書いています。

そこで、まずは世界と日本の収入の差を確認してみます。

世界のエンジニアは日本の数倍稼いでいる

最近成長著しい中国。
エンジニアならファーウェイを知らない人はいないでしょう。

そのファーウェイの新卒初任給は40万円で実に日本の倍です。

さらに悲しいことには、この40万円という夢のような給料は、世界的に見たらお?発展途上か?と思われてしまうくらい安い額だということなのです。

この記事でも述べられているとおり、世界のIT企業の初任給は年収1200万~1500万円なのです。
アメリカならすごい人には億が出てきます。

日本だったら定年まで勤め上げても到達しない可能性のある額ですよね…。

だからと言って世界に活躍の場を移すのはハードルが高すぎる。
僕も含めそういう人が一番最初に何をしなければいけないかというと、日本の給料水準の圧倒的低さを受け入れるということなんです。

だとしても悲しすぎますよね?
だからこそ転職を繰り返して収入を上げていくという手段をとらざるを得ないわけです。

日本のエンジニアはもっと自信を持つべき

まず、エンジニアの皆さんはもっと自信を持ちましょう。

プログラミングを扱えるってなかなかないスキルだということを自覚していいです。
コーディングができるのはもちろん、書くのは苦手でも読むのはそこそこできるくらいのレベルでも引く手数多です。

今IT業界は人材不足なので、コードを読める程度の人間だっていくらでも欲しいのです。

そうした最先端の技術を扱う業界で、最先端のスキルを身につけている人材が、いずれAIに取って代われる可能性のある職業と同水準の給料って不思議を通り越して憤りすら覚えませんか?

基本給20万円ってもっと怒っていいんですよ。

まずは自信を持ちましょう。
自分はプログラミングというスキルを身につけているのだという自負があっていいのです。

いくつかの開発言語を利用する現場に~ヶ月いたというのも立派な経歴です。

そして当然、これは転職における大きな武器になります。

転職をするための基準を考える

世界の企業では当たり前にできていることなのに、日本の企業ではある種タブーと言っても過言ではないことが一つあります。

それは、給与交渉です。

日本のほとんどの企業では、ただの平社員が「給料上げてください!」なんて言ったらもの凄い蔑みの目で見られるでしょう。
たとえ自分が同期の3倍仕事していたとしてもです。

海外では「給料上げてくれないなら転職します」という交渉がちゃんと交渉として成り立つものですが、日本ではそんな交渉ほぼ間違いなく成立しないですし、下手すればクビになるのではないでしょうか。

だからこそ昨今の日本人は転職を繰り返してキャリアアップを図ります。
もうバブルの頃みたいな景気の良い話はないわけですからね。

転職に際して考えるべき基準は、とりあえず以下のようなものではないでしょうか。

転職における基準
  • 給料は上がるのか
  • 労働環境や福利厚生はどうか
  • やりたい仕事かどうか

まあ一番は給料でしょうね!笑

戦略的な転職をする

それでは転職に際して戦略を考えていきましょう。

先ほども紹介したこちらのページでも書いていますが、まず第一に常に転職活動をするというのが非常に大切だと思います。

それは自分の価値を市場に問い続けるためなのですが、もちろん企業について調べたり面接したり…という活動を常にやっているわけではないです。
転職サイトに登録して、どんな企業からどんなオファーが来るのかをチェックするだけで大丈夫。

ああ、自分はこういう企業に求められる人材なのかと理解できれば、自分が今後伸ばしていくスキルだったり、どの方面に進めばより収入が上げられそうなのか、などなど、戦略的に転職をしていくための材料が揃っていきます。

なので、思っている以上に転職サイトに登録しておくことは大切になると思います。

とにかくオファーを受け取る

とにかくオファーを受け取らないと戦略を立てるための材料が揃いません。

特にプログラミングを扱うことができるだけで、かなりの量のオファーが届くはずです。
そうすることで、いざ転職しようという時のために自分がどれほど市場において求められ価値があるのかを把握できるので、こうしたオファーは定期的に確認しておきましょう。

上記ページではキャリコネを紹介しましたが、エンジニアなら専用の転職サイトがあるので、
Forkwell Scoutなど)登録してオファーを受け取るのが良いと思います。
もちろん両方登録しておいてもいいですけどね。

材料が集まったらいよいよ自分からアクションを起こしていきます。

企業のオファーを厳選する

就職活動をしていた頃は、散々企業に蹴られお祈りされまくったことでしょう。

ですが転職活動においては違います。
主導権はスキルを持ったエンジニアの側にあります。

数あるオファーの中から気に入った企業を人材である自分が選んでいきます。
もうこれだけで一種のゲームのようなところがありますね笑

たとえばForkwell Scoutでは、気になった企業を見つけたら自分の気分次第で起こすアクションを選ぶことができます。

ガチで転職したいなら面接受けたいを選べばいいです。
職場環境や雰囲気を知りたければオフィスへ遊びにを選びましょう。
話を聞きたかったり人脈を広げたいだけなら一緒にごはんでももありですね。

と、こんな感じでオファーを厳選していきましょう。
企業の情報を調べるのは、まず厳選してからで大丈夫だと思います。

さあ、転職だ!

勢い込んだ見出しにしてみましたが、転職はある程度慎重になる必要があります。

以下の記事では会社を退職する前にやるべきことや考えるべきことをまとめています。

上記ページに加え、この記事では戦略的な転職の方法を紹介してみました。

戦略を立てる
  • 日頃からオファーを受けとっていて、自分の人材としての価値やキャリアの方向性はある程度分かっている
  • 受け取ったオファーを厳選している
  • 厳選したオファーを掘り下げている

確かに慎重になる必要はあるのですが、これらを段階的に行っていけばさすがにもう準備万端ですよ!

もう転職だって怖くないです。
ここだ!と思った企業に面接を申し入れましょう!

まとめ

まとめ
エンジニアならForkwell Scoutに登録してオファーを受け取り、日頃から自分の価値を把握して戦略的に転職活動をしていこう!
スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事