日本では投資の方法やお金の使い方を教育しないから損をする

スポンサーリンク

タイトルはこんな感じですが、今回の記事は投資の方法やお金の使い方を紹介するものではありません

記事を読んでいただければ分かるのですが、海外で何年もかけて教育しているものをたったの1記事で教えられるわけがないんです。
ましてその程度の情報量で大勢を出し抜くようなうまい情報なんてものはありえません。

じゃあ何なのかと言えば、投資とか資産運用とか始める前に、あなたにどれだけ知識がないのかどれだけリスクがあることをしようとしているのかを知ってもらいたいと思って記事にしています。

まあ大仰なことを言いましたが、要するにちゃんと勉強してからお金使おうねって言いたいだけの記事なので、あんまり肩肘張らずに気楽に読んでみて下さい。

スポンサーリンク

お金の使い方を知らない日本人

まず、日本人はお金の使い方を知らない国民です。
もちろん一概に言えるわけではないのですが、普通に仕事して普通に生活している日本人のほとんどはお金の使い方を知る機会なんてなかったでしょう。

その一方で日本は一応先進国。
国民のほとんどが物を買う時に商品の値段の合計を計算できてお釣りまで暗算で出せるなんて国は、世界広しと言えども恐らく数える程しかなく、その中の一つに日本は堂々と入っているわけです。

こうした算数的知識は一般常識として持っている。
それは学校教育のたまものではあるのですが、計算の仕方は教えてもお金をどのように運用していけばいいのかなんていう金融のお勉強は学校では一切やりません。

学校でやったから算数はできるのであって、お金の運用は学校でやらなかったから誰もわからないのです。

日本人のほとんどは消費行動か貯金かの二択しか知らない

残念なことに日本人のほとんどは、お金の使い方は消費貯金かしかないと思っています。

消費は社会の構造上絶対に必要な概念です。
たまに消費行動を小馬鹿にする人もいますが、消費する人がいなければ経済は回らないし、そもそも消費せずに生きていける人はまあこのご時世いないでしょう。

問題は貯金の方です。

日本は世界で最も安全な国の一つと言われていて、治安の良い国ランキングはどのメディアが実施しても必ず一桁の順位に入っています。
そんな国に住んでいる日本人はというと、お金を持ち歩くのが怖いからという理由で財布の中身はできるだけ軽くしています。

その時お金はどこにあるのかと言えば、預金口座です。
必要な時だけ都度お金を下ろしている人が多いでしょう。

ほとんどの日本人は銀行は無料で預かってくれるどころか金利も付くしお得と思っているかもしれませんが、無料という点は必ずしも正しくありません。

お金を下ろす度に手数料がかかるわけですが、例えばこれが108円だとして、いつも1万円ずつ下ろしているのであれば、実に下ろす金額の1%も取られています。

お金を持っていない人ほど銀行にお金を預けるのは損をするということになりかねません。
(キャッシュじゃなくてクレジット使えっていう話ではあるんですが)

こういう細かい手数料など、よくよく考えてみると貯金って実は損しているんじゃないか?という疑問が湧いてくると思います。

実は貯金をしているとお金の価値は下がり続ける

そもそも貨幣の価値って相対的なものです。

近年物価が上がり続けているのを感じている人は多いと思います。
(お菓子とか調味料の内容量が減ったり値上がりしたりとか)

持っているお金は増えないのに物価が上がり続けているということは、それだけ持っているお金の価値が下がり続けているということなのです。

もちろん物価が下がればその限りではないのですが、そもそも物価は前年比上昇率2%を目指して安定という名の下に意図的に上げられ続けています。

どこが主導しているかというと天下の日本銀行ですよ。

これに加えて手数料だったり細かいジャブで持っているお金は減らされていきます。

なのでこれからも貯金という選択肢は、相対的にお金の価値を下げ続ける選択になる可能性が高いということを念頭に置いてください。

じゃあ、3つ目の選択肢はなんでしょうか。
色々な行為があるのをまるっとまとめてお金稼ぎと括ってしまいましょう。

このお金稼ぎに関して書く前に海外の事情に目を向けてみます。

海外では小学生に投資を教える授業がある

あえて日本人はと語るからには海外は違う?と気づいた読者の方はさすがです。

海外は日本とは全然事情が違います。
まず、海外では小学生に投資を教えている国もあります。

たとえばイギリスでは、義務教育でやっています。

アメリカでも株を教えているのは有名です。

要するに何が言いたいのかというと、投資に関して日本は先進国に比べて圧倒的に遅れているわけです。

それでも無駄にリテラシーのある日本人なので、ほとんど無勉強で投資に手を出して失敗するケースが後を絶ちません。
そんなこともあり日本では投資をギャンブル扱いしてしまう人もいるほど。

そりゃそうですよ。
勉強しないで挑んでもうまくいくわけがないんです。

ただしギャンブルというマイナスイメージそのままなんですが、日本ではお金稼ぎに対して視線が厳しいように思いませんか?

日本の道徳は金稼ぎを否定する

日本の教育は漢文教育などをはじめとして、儒教思想の影響が少なくありません。

そのせいなのか、私欲に囚われるなという教育が今も根強く残っています。
教科書に載る物語は、私欲に走った人物が最後には制裁を受けてしまうという話もあります。

もちろんこれは日本に限った話ではなく、世界的に存在する典型的なストーリーなのですが、日本では特に私欲に走らず正直者でいることは美徳であるとされます。

金儲けをする人物は倫理観の欠けたあくどい人物として描かれ、罰が当たったんだと言わんばかりに転落することになります。

こうしたこともあり、日本では金稼ぎ=悪のようなどこか後ろめたい価値観が蔓延しているようです。

資本主義の社会でちゃんちゃらおかしい話ですよね。
安直な金稼ぎが批判される一方で、なぜか起業独立といった言葉は目標といった言葉を免罪符にして称賛されます。

リスクの話は置いておきますが、投資にしろ資産運用にしろ起業にしろ結果的に金を得ることに関しては変わらないんですけどね。

日本政府は日本人に金稼ぎしてほしくない

と、ここまで色んな理由を書いていますが、実は日本政府的には国民にお金稼ぎをしてほしくない事情があります(という見方ができるかもしれません)。

正確に言うのであれば、国民には預金通帳にお金をたんまり入れてほしいのです。
1000兆円を超える日本の借金(国債残高)は、世界的に見ても尋常じゃない額です。

この数字を見て一部のマスコミは日本が崩壊するなどと煽り立てています。
今時こんな煽り方をするのは日本を陥れたい悪意を持った人間であるような気がするのですが、ご存じの通り崩壊するわけありません。

このページで麻生氏が解説している通りです。
この記事に関する部分だけ引用してみます。

引用文
100借りてる政府がいれば、100貸している誰かがいる。誰が貸しているんです? そうです、国民が貸しているんだね。ところが新聞を見てごらん、「子どもや孫に至るまで一人700万円の借金」……違うでしょう。700万円の貸付金が起きているんですよ、あれは。貸しているのはみなさん。
「いや俺、国債なんか買ってないよ」と言われるかもしれませんが、みなさんはお金を銀行に預けておられる。銀行にとって預金は借金ですから、帳簿の上では借金ですからね。だからその借金を誰かに貸して、その”さや”を稼がないと金貸しという商売は成り立ちません。銀行って聞こえはいいですけど、金貸しをやっているんですから。金を借りる人がいてくれない限りはあの職業は成り立たないんだから。
ところが今、みんな借りない。誰もお金を借りようとしない。少なくとも、預金する人は多いけれども、借りる人がいなければ銀行は潰れてしまう。その借りてくれる人を探している金が年間約30兆円くらいある。約30兆。年によって違うけど。誰かがそれを借りてくれない限りは30兆でデフレになりますから、それを借りてくれているのが政府。政府が借りて、みなさんが貸してるの。

と、要するに政府が銀行からお金を借りているわけで、その借りるお金は国民が銀行に預けているお金だっていう話なんです。

だから国家予算を捻出するために、政府は銀行からお金を借りなければいけないので国民には銀行を使ってお金を預けておいてもらわないといけないんです。

まあこれを政府の陰謀とする人もいますが、実際のところは麻生氏も述べている通り銀行が潰れないように政府が借りてあげているという側面もあるので、本当に銀行からお金を借りられなくなったら国家予算が捻出できないのかどうかは一個人にはよく分からない次元の話です。

専門で勉強している人はその辺りもちゃんと計算できるんでしょうかね。

なので金稼ぎしてほしくないは言いすぎかもしれませんが、銀行的にも政府的にも国民は通帳にお金を入れておいてほしいという面はあると思います。

で、本題。
上の記事で麻生氏が家庭内で金貸してるようなもんって言ってますけど、貯金しているだけってことは、国民は貯金という名目で金を貸しているだけということにもなります。

いつでも返してもらうことはできるのですが、やっぱりそれって勿体ないと思いませんか?
先にも書いたとおり、貸しているだけで相対的に価値は低下していくのですから。

いよいよ第三の選択肢「金稼ぎ」を選ぶとき

消費でもない貯金でもない。

じゃあ何に金を使えばいいのか…?

そうです。
第三の選択肢金稼ぎです。

ざっくりと大きく括っていますが、この金稼ぎにはとても多くの意味が含まれています。
要は将来的に金になることであれば投資であろうが何であろうが、この括りに入ります。

とりあえず物欲のままに使うのでも寝かせるのでもなく、もっと効果的にお金を使いませんか?という提案なのです。

この流れから普通であればこんな資産運用の方法があります!と宣伝するのかもしれません。
でも、それじゃ今までと変わらないじゃないですか。

この記事を読んでいる多くの人がしなければいけないのは、資産運用ではないはずです。
お金の使い方・運用の仕方を学ぶための自己投資ではないですか?

人の言葉を鵜呑みにせず、自分で勉強して使い方を決めるのです。
そういう勉強を海外では義務教育でやっているのに、日本では決して学校では教えてくれない。

だからこそ今勉強しなければいけないのではないでしょうか。

じゃあ何を勉強すればいいのか…?

これが嬉しい悩みというものですね。
ちょっと具体的に提案してみましょう。

今勉強すべき「お金」のこと

提案その1:ファイナンシャルプランナー

お金に関する資格といえばファイナンシャルプランナーですよね。
このファイナンシャルプランナーの勉強をすれば、お金に関する知識を満遍なく得ることができるはずなので、勉強ついでに資格も取ってみてはいかがでしょうかという提案。

大学生であれば就活にも役立ちますしね。

そもそもファイナンシャルプランナーといえば、ざっくり言ってお金に関するスペシャリストのこと。
扱う分野は様々に幅広いと言います。

ファイナンシャルプランナーのお仕事
  • 生命保険
  • 相続
  • 不動産
  • 所得税
  • 株式
  • 年金
  • 健康保険 etc

※参考文献


この分野に限らず、お金に関することならファイナンシャルプランナーの領域になります。
具体的なことはファイナンシャルプランナーの勉強を通して学んでみてください。

ちなみにファイナンシャルプランナーの資格の勉強も通勤講座をおすすめしています。
通勤講座については、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

提案その2:お金に関するスクール

Financial Academyというスクールがあります。
これはお金の教養を身につけるスクールで、お金の考え方から稼ぎ方・増やし方までを勉強できるスクールになっています。

海外ではこういうことを義務教育で学んでいるはずなんです。
本来なら日本もこうしたスクールに金払って学ぶのではなく、義務教育でやるべきなんでしょうね。

日本も将来のいつかの時点で導入されるのだと信じて、未来の学校に通うようなつもりで入校してみるのもいいかもしれません。

まとめ

早い話がお金についてもっと勉強しましょうという話でした。
以下の記事でも書きましたが、行動する人だけがお金を増やせるのです。

ちなみに僕は行動できないタイプの人。
文章を投げるだけ投げて何もしません。

みなさん、僕の代わりに頑張ってお金を稼いでください。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事