決算書作成時に現金残高がマイナスになってしまう場合はどうすればいい?

スポンサーリンク

これに当てはまる人はもしかして、こんな人ではないですか?

・個人事業主である
・会計ソフトを使っている
・事業主貸/事業主借を多用する立替払方式で仕訳している
・事業用の口座と個人用の口座を分けていない
・税金の支払によって現金(または預金残高)がマイナスになってしまう

ええ、僕のことです!

スポンサーリンク

立替払方式だとどうしてもマイナスが発生するタイミングがある

収入は個人用口座に入金されるので、すべて事業主貸/売上で仕訳します。

逆に経費はすべて◯◯費/事業主借。
これが立替払方式でしたね。

個人事業主としては楽な方法ではあるのですが、税金の支払をするとどうしても貸方に「普通預金」や「現金」と書かなければいけません。

立替払方式なので、事業用の口座が存在していないため「普通預金」にお金はない。
もちろん現金残高だって同様にありません。

つまり、立替払方式で税金を支払うと必ず残高がマイナスになります。

ここで僕は数日頭を抱えました。
ちゃんと支払っているし誤魔化しているわけでもないのに現金残高がマイナスになることで、なんかすごい怪しい決算書ができあがってしまう!笑

でもこれはすごく単純な方法で解決できます。

税金支払による現金残高のマイナスを補填する方法

結局、大事なのは仕訳帳よりも決算書なんですよ。

もちろん仕訳帳も大事なのですが、それ以上に重要なのは決算書です。

決算書は提出しなければいけないものですし、決算書さえ完璧であれば仕訳帳だって見られることはありません。
だからと言って適当にしていいわけではありませんが笑

で、本題。
このマイナスを解決する方法はたった一つ。

現金残高を増やしましょう。
僕の場合は以下のようにして解決しました。

摘要:住民税支払のため
現金 30,000 / 事業主借 30,000

金額は適当ですが、こんな感じです。
つまり、税金を支払った分の金額を事業主借で現金残高に補填します。

事業主貸で税金支払ってるのにまったく意味のない仕訳ですね!笑
でもこれをしないと現金残高はマイナスになっちゃうので、意地でも立替払方式で決算書を作成するんだと心に決めている方には必要な作業です。

僕はこれで税理士さんから「事業用口座ないなら大丈夫です〜」って思わず「(ほんとかよ)」って突っ込みたくなるような緩さでOKもらいました。

まとめ

結局、現金残高がマイナスになることって書類上の話だと思うんですよ。
実際に手元の現金がマイナスになるなんてことはあり得ない話なので笑

単純に帳尻合わせるだけでいいんだと思いますね。

個人のお財布から事業のお財布にお金を移すだけです。
実に単純なことに延々と悩んでしまっていました。

というわけで、まとめ。

現金残高がマイナスになる場合は、事業主借でマイナス分の現金残高を補填しよう

もちろん預金残高も同じですね。
事業用口座を持っている人は立替払方式じゃないと思うので、あまりこうした状況に陥らないとは思いますが…。

ツールに頼りすぎるのはよくないことかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事