今から仮想通貨を始めても儲かるのか? いくらから始められる?

もう何年も前から話題になっていながら、近年インフルエンサーたちがこぞって買い始めて一気に爆発した仮想通貨です。

手を出してみたいけど、今から始めても損してしまうのでは…と思っている方も多いでしょう。

なので結論から先に述べておきますが、仮想通貨は今から始めても儲かります。

※追記
Coincheck騒動の後、仮想通貨の相場は大暴落です。
(NYダウの暴落と日経平均の暴落の影響が大きいとは思いますが)

それでもまだ儲かると言えるのか?

儲かると思います。

むしろ僕は買い増しをするチャンスだと思っています!
以下に説明することは、未だに変わらず言えることですし、仮想通貨は短期の取引を想定しない方がいいですよ。

なぜ今から始めても儲かるのか?

ビットコインをはじめ多くのオルトコイン(ビットコイン以外の主要コインのこと)がありますが、今まではそのどれもが「通貨」としてではなく「投資商品」としての扱いを受けて買われていました。

結局のところみんなお金が欲しかったわけですし、今だってみんなお金が欲しいわけですよ。

このトレンドは全世界を巻き込んでしばらく収束しないとは思いますが、決定的なのはようやく仮想通貨が実生活に「通貨」として浸透する兆しが見えてきたことです。

たとえば、フリマアプリのメルカリはご存じですよね。
スマホを使って個人同士で商品を売ったり買ったりできるまさに電脳フリーマーケットです。

特に若者の間では大流行していて、「恋人と別れたからもらったアクセサリーを売る」みたいなびっくりするような使われ方がニュースになりました。

ダウンロード数は実に6000万強。
国外にまで数字を広げるなら1億ダウンロードを超えます。

それだけ多くの人が利用しているメルカリが、決済方法に「仮想通貨」を導入することを決定しました。

国内だけでも6000万を超える人たちに「仮想通貨」という選択肢が与えられることになるのです。

今から始めて儲かるのか?

何言ってるんですか。
やっと「仮想通貨」が始まるんですよ。

仮想通貨はなぜ儲かるのか?

仮想通貨を株や為替と同じものだと思っている人がいますが、全然違います。

ローソク足やシグナルがまったくの無意味かと言うと、それを参考に売買する人が一定数いる限り無意味とは言い切れないのですが、あまり気にする必要はないと先に言っておきます。

まず、仮想通貨にはストップ安もストップ高もなければ、そもそも前場・後場という概念もありません。

なぜなら仮想通貨には株式市場のように取引時間に制約がなく、いつでも売買が可能だからです。

従って「寄りつき」も「引け」もなく、デイトレやスイングトレードという手法自体も材料がほぼない上、税制が株とは違って累進課税なのでそもそも短期での取引が向いていません。

ここまで書けばお分かりいただけると思うのですが、お金持ちが投機するのに格好の場ですよね…。

いつでも売買できるし短期で取引する人も少ない。
相場を動かしやすい上にいつかは、仮想通貨を使って物を買ったりサービスを受けられたりする。

仮想通貨が認知されればされるほど買う人が増え、元々大量保有するような人は売らない(一気に売ると結構な税金が発生する)のでどんどん値段が上がっていくわけですよ。
冷静にコインを選んで買い時を見極めれば、リスクなんてほとんどないと言っていいくらいです。

なぜ儲かるのかは単純にお金を持っている人たちに需要があって、将来性も抜群だからです。

ただ短期での取引はやめた方がいいと思います。

単純に勿体ないです。
一気に上がったり一気に下がったりしますが、その程度の差益で利確を繰り返しても、その度に税金が発生するので一度買ったら長期保有するのが望ましいです。

税金は仮想通貨を日本円に戻したり、仮想通貨で仮想通貨を買ったりした時に利確されて発生します。
なので持っている間は税金が発生しないので、取引数を少なく抑えて長期保有が一番賢い買い方です。

仮想通貨はいくらから始められるか?

一時期ビットコインは200万円を超えていました。
一枚のビットコイン(1BTC)で200万円というとんでもない額です。

なので、最低でも200万円くらいなければ取引できないのではないか?と思っている人もいるかもしれませんが、実はそんなことないのです。

実際はいくらからでも始められます

1万円でも大丈夫。
1万円でもビットコインは買えます。

実は仮想通貨を購入するときは一枚単位ではないのです。

0.1枚もありえますし、0.00000001枚だってありえます笑
そんなに刻むのかってくらい刻んで購入することができるので、1万円からでも気軽に始めることができるのです。

もちろん金額が低ければ低いほど低リスクですが、同時にローリターンになってしまうので、この辺は自分の懐具合と相談して決めましょう。

仮想通貨はどうやって買えばいいのか?

株とまったく同じではないですが、仮想通貨にも取引所があります。
そしてその取引所は複数存在しています。

日本国内では、Coincheck、Zaif、ビットバンク、bitFlyerなどが有名ですね。

最近はCoincheckが被害に遭っていましたが…。

詳しくは以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

初心者が買うべきアルトコイン

上記に紹介した記事でも書きましたが、初心者買うべき仮想通貨が二種類あるのです。

・XRP(Ripple)
・XEM

リップルとネムです。
たぶん仮想通貨をやっている人なら知らない人はいないと思います。

この二種類の何がすごいのか?
銀行で扱われることになるとか発行枚数が増えないとか、まあ様々深い理由がありますが、初心者のためにざっくりと説明します。

現在、その二つのコインの相場が3桁の金額だからです。
(※Coincheck騒動の後、さらに2桁まで下がっているので買い増しチャンスです)

は?
と、思うでしょう。

では、以下のチャートを見てみてください。

イーサリアムクラシック、通称ETCです。

1年前は133円だったのが、35倍くらいの高値にまで。

次、ちょっと前まで大人気だったLISK(リスク)のチャート。

1年前なんて12円ですよ。
それが340倍に到達したなんて信じられますか?

そしてこの金額はまだ伸びしろを残しています。

ちなみに1年前と比べて金額が下がってしまったオルトコインは一つもありません。
どれも何十倍という額になっています。

現在3桁の金額にあるということがどういうことかお分かりいただけましたか?

少なくともリップルとネムは、初心者であろうがなかろうが買うべき仮想通貨です。
チャートを見れば何の知識がない人でも投機的に買うべきだと判断できるでしょう。

なので初心者はまずこの2種類のコインから始めるのがリスクも少なくていいと思いますよ。

取引所については、以下の記事を参考にしてください。

(ブログ内で使用した画像は、Coincheckアプリ版のチャートになります)

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事