【画像有】TSUTAYAスマホ『TONE』の購入方法! 自宅で簡単にできる乗り換え(MNP含む)のやり方

TSUTAYAスマホ『TONE』は、月額1000円+端末代という驚異的な安さ。

そこに加えて一年間基本料無料のキャンペーンを実施中なので、乗り換えを検討している方は多いと思います。

TONEってどんな格安スマホなの?
と、まだ詳しく知らない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

今回はもう『TONE』にしちゃう!と決意した方に、自宅にいながらネットで簡単にできる乗り換え(MNP含む)方法を紹介します。

TSUTAYAのスマホTONE

スポンサーリンク

TONEに乗り換える方法

さてさて、オンラインでTONEに乗り換える方法を紹介していきます。
画像付きで紹介していきますので、どうしても心配という方はこのページをブックマークしたり印刷したりして活用してください。

Step0.準備するもの

まずは、以下のものを用意しましょう。

・クレジットカード
・メールアドレス
・本人確認書類
(MNP予約番号)

クレジットカード

月々の支払のためにクレジットカードが必要です。
これは大手キャリア以外の格安SIMでは、ほとんどが必要になるので注意してください。

と言ってもほとんどの方がクレジットカードを持っていると思うので、あまり心配しなくてもいいかもしれません。

メールアドレス

これも持っていないという人はさすがにいないでしょう。
申込後にメールを受け取ったりするので、使えるアドレスを用意しましょう。

本人確認書類

これは申込時ではなく、TONEが家に届いて受け取る際に提示が必要になります。
逆に言えばそのとき見せるだけなので、すごく楽です。


このようなものが必要になります。

MNP予約番号

現在お使いの電話番号をそのまま使いたいという方は、MNP予約番号が必要になります。

たとえばdocomo、au、softbankいずれかの大手キャリアを利用中の方は、各キャリアで電話orネット問い合わせなどを利用し予約番号を発行してもらわなければならないんですね。

この時、電話で発行しようとすると「~を使えば安くなりますよ?」という営業してくるのが本当に鬱陶しいです笑
こっちは安いものを使いたいんだ…という鋼の意志で断りましょう。

各キャリアの予約番号の取得方法は、以下を参照してください。

docomoの場合

auの場合

softbankの場合

Step1.TONEに申し込む

TSUTAYAのスマホTONE

それではいよいよ申し込みをしていきます!
まずは公式サイトにアクセス。

1.申し込み

アクセスしたら、以下の画像のようなボタンを押しましょう。

これを押せたらいよいよスタートです。
解説に使っている画像はパソコンの物ですが、スマホやタブレットからの申し込みも概ね同様の流れになります。

2.端末を選択

購入台数を選択します。

欲しい端末を選びましょう。
ここではより安いm15端末を選択しています。

3.オプションサービスの選択

先述したとおり、IP電話は繋がりにくかったり、聞こえにくかったりするのでおすすめはできないです。
LINEで通話をしようと考えている人は、SMSオプションが必須になります。

電話番号をそのままにするためMNPの予約番号を取得した人は、ここで画像のような選択が必要になってしまうので注意です。
チェックを入れると、以下のように予約番号入力欄が出現します。

予約番号を利用しない人は、出ないので気にしないでください。

最安を貫きたいからオプションはいらない!という断固とした意志を持った方は、ここで何も選択せずに進みましょう。

その他のオプションです。
留守番電話・キャッチホンなどの利用を考えている人は、チェックが必要です。

あとは個人的にこのあたりのチェックは不要かなと思います。
特にウイルスチェックオプションは安全なアプリのアンインストールまで促してくる未来が見えているので地雷ですね。

4.個人情報の入力

個人情報の入力をしましょう。
用意したメールアドレスはここで必要になります。

住所も入力します。
赤字で書いてある通り、本人確認書類を用意して到着するのを待ちましょう。

この時、住所と確認書類に差違があると「あんた本当に本人?」ということになり受け取れないので注意です。

5.紹介キャンペーンとTカード

実は画像のようにTONEを使っているお友達の本名050IP電話番号があれば、契約時に発生する事務手数料の3000円が無料になります。

これ、ちょっとずるくないですか?笑
インターネットに本名載せる人も電話番号載せる人もなかなかいないと思うんですよね。

そのため、本当に周りにTONEをお使いの方がいないと利用できないキャンペーンです。
まあ、本来そういうものなんですけれどね。

お友達がいる方は教えてもらって、いない方は登録後にお友達に紹介してあげてください。
所詮3000円ですけど、友達のおかげで3000円安くなった!って結構嬉しいですからね。

その際には、「この手順通りにやれば簡単だよ!」ってうちのサイトも紹介していただければ嬉しいです笑

それとTカードを持っている方は、端末代金とか月額料金とかでポイントが貯まります。
持っていない方はここでついでに申し込めるので、検討してみてください。

6.IP電話番号の選択

端末の利用者が誰なのかを選択します。
あとは利用したいIP電話番号を選びましょう。

数字の羅列ではありますが、なんとなく好きな数字や覚えやすい数字だと気分が良くなると思います。

7.MY TONE アカウントの作成

ここで入力するメールアドレスは、既存のメールアドレスではありません。
TONEを利用するにあたり、これから使っていくメールアドレスを作る必要があるのです。

同時にMY TONE アカウントにアクセスするメールアドレスであり、パスワードにもなるので、不安な方はどこかに控えたり写真を撮ったりしておきましょう。

8.クレジットカード情報の入力

用意していたクレジットカード情報をここで入力します。

9.端末代金お支払回数を選択

一括、12回払い、24回払いから選択できます。
大手キャリアを利用していた方は、たぶん24回払いでも月々かかる料金は安くなるのではないでしょうか。

10.特別キャンペーンの選択

きました!
お待ちかね特別キャンペーンの選択。

・基本プラン月額料金(1000円)12ヵ月無料
・端末代金10000万円引き

上記いずれかを選択できます。
最終的には12ヵ月無料の方がお得ですね。

11.申し込み内容の確認

はい、あとは確認しておしまいです!
料金プランなど正しく選択できていたかを確認しましょう。

090音声オプションの利用にチェックを入れたので、月々1953円になりました。
ここに端末代金1300円が加わるので、合計で3253円。

ただし、特別キャンペーンが適用されて1000円引かれるので、月々2253円に収まる計算ですね。

ちなみに090いらないよ!という方は、1300円になります。
090いらないけどLINEは使いたいなら、SMSが最低限必要になるので1400円ですね。

こうしてみると、契約事務手数料3000円って本当に鬱陶しく見えるでしょう?笑

周りでTONEに乗り換えたいと思っている方がいたら、ぜひ紹介キャンペーンを利用させてあげてくださいね。

最後に利用規約に同意して「申し込む」ボタンを押しましょう。
登録したメールアドレスにメールが届けば完了です。

一先ずお疲れさまでした!
さて、到着を待ちましょう。

Step2.回線切替

ここからは蛇足です。
到着したらまず何をすればいいのか?については、同封されている『開通方法のご案内』に画付きで詳しく書いてあります。

そのため僕から特別何か言うことはありませんが、MNPで乗り換えている方はこの回線切替が完了しないと、TONEでの電話番号の利用ができないので注意してください。

以上、手続関係はこれでおしまいです。
今度こそお疲れさまでした!

TSUTAYAのスマホTONE

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事