mineo月額410円(紹介で248円)キャンペーンのレビュー!利用可能プランやmnpでの乗り換え手順を紹介!

SoftBankから今流行の格安SIMに乗り換えてみました。

数ある格安simの中から何故、mineo(マイネオ)を選んだのか?

その答えはただ一つ。

090電話番号有りで月額410円という圧倒的安さだったから。

これはもう比較の必要がないくらいの安さであると確信したので一瞬で乗り換えました。

※追記
Amazonギフト券が貰える友達紹介コードだけ欲しいという方は以下からお願いします!僕も特典欲しいです!

スポンサーリンク

最安410円のキャンペーン

現在mineoでは、「大大盤振る舞いキャンペーン」なるものを実施中です。

僕が一目で乗り換えなきゃ!と思った最たる理由は、このキャンペーンの割引額がとんでもないことになっていたからです。

月額料金から900円引き

額にすると普通に思う人もいるかもしれませんが、割合にすると最大で約7割も安くなることになります。

ていうか結果として月額410円から利用可能という上島珈琲店のBLTサンドかよってツッコミたくなるような値段設定に惹かれました。

これが一年間続きます。
500MBプランを使えば1310円から900円引かれて1年間は410円で利用できるというわけですね!

申込期間は2017年9月1日~2017年11月9日までなのでお早めに。

※追記 Amazonギフト券(実質月額248円になる)が貰える!

現在友達紹介キャンペーンなるものをやっているようです。

紹介者、被紹介者共にAmazonギフト券2000円分が貰えるキャンペーンだそうですが、紹介されたからといってお互いに個人情報が行き来するようなことは一切ありません。

つまりどういうことかというと、以下のURLから申し込み頂くと、読者様はもちろん僕にもAmazonギフト券2000円分が送られるというWin-Winな関係を築くことが可能です!

月額410円を1年間使ったとき、そこから2000円分引ければ実質約248円が月々の負担額になるということです!

この記事を読んでこいつとAmazonギフト券を分け合いたいぜと思った神様は、ぜひ以下の紹介ページから登録をすすめていただければ嬉しいです。

誰にもうまい思いはさせたくないぜ!という人は、リンクを踏まないように気をつけて通常通りアクセスしましょう…。

こちらのキャンペーンも申込期間は2017年9月1日~2017年11月9日までなのでお早めに。

キャンペーン適用条件

キャンペーンには適用条件があります。

mineoにはシングルタイプとデュアルタイプがあって、それぞれ利用目的によって使い分けなければいけません。

シングルタイプ:データ通信のみ
デュアルタイプ:データ通信+音声通話

キャンペーンが適用されるのは、このデュアルタイプのみ

090の音声通話を使いたい人はデュアルタイプを選ぶわけですが、回線をauにするかdocomoにするかでまた料金が違うんですね笑

僕は迷わずauのAプランにしましたが、それはAプランの方が90円ほど安かったからです。

Aプランの料金表は以下のようになっています。

容量  データ通信のみ  データ通信+音声通話
500MB 700円 1310円 → 410円
1GB 800円 1410円 → 510円
3GB 900円 1510円 → 610円
6GB 1580円 2190円 → 1290円
10GB 2520円 3130円 → 2230円
20GB 3980円 4590円 → 3690円
30GB 5900円 6510円 → 5610円

ご覧の通り、キャンペーンが適用されると1年間はなんと音声通話ありの方が安くなるという驚愕の事実!

410円というのは、デュアルタイプのAプランで500MBを選んだときの月額料金だったわけですね。

さて!
それではレビューしていきましょう。

mineoを1週間使ってみた感想・レビュー

うちのSIMのスペックをまとめておきます。

・500MB
・au回線
・データ通信+音声通話

こいつを1週間ほど使ってみました。

電波が悪すぎる問題

現在、世間では聞くこともないような田舎に住んでいる僕です。

SoftBankの回線の時はまったく気にならなかったのですが、auに変えてみたらたまに圏外になります!笑

マジで圏外になるとかあるんだ…。

というよりは安定していなくて、だいたいは5本中3本しか立たない状態が続きます。

たまに2本や1本の状態になります。

窓際の椅子に座っているとこんな感じの電波です。wi-fiは良好ですけどね。

機嫌が悪いと圏外になります。

ここ日本だよなあ…?

いやいや田舎過ぎるうちが悪いんですねたぶん。

というわけで普通の人にとってはあまり気にならない問題かもしれませんが、うちは圏外になることもあるよっていう報告。

電波バリ5になることはありません。

まあどうせwi-fi使うんですけどね!

500MBの容量の低さにびっくり

今までパケット使い放題みたいなプランなので全然気づかなかったのですが、500MBというデータ容量があまりにも少なくてびっくりしました。

天気が良かったので近所を散歩中に写真を撮ったわけですよ。

いつものノリでLINE使って友達に写真送ってみたり送られたりしてみたら一瞬で50MB減っていました。

たった50MBじゃん…って話ですが、10%がほんの数分で失われたと思うと、500MBって少なすぎるなと感じます。

画像送受信するだけでこれだけのデータ通信をしていたんですね。

あーもう190MBも使ってる!笑

ちなみにマイネオにはmineoスイッチなるものがあって、このスイッチをオンにすることでデータ通信を節約することができます。

これにより、通信速度200kbpsという超低速に抑えることが可能。
試しにこの状態で写真の送信してみたら、ちょっと遅くなった程度で済みました。

どれくらい遅くなったかというと、僕が前使っていた3年もののiphone5cの処理速度レベルまで遅くなりました。

いやむしろあの壊れかけのiphoneと比べたら早いまであるな…。

というわけで、我慢できない遅さではありません笑
だからスイッチはオンにしなくてもいいと判断しました。

どうせ使い切っても使えなくなることはないわけですし。
それだったら使い切らないと勿体ないです。

ソシャゲやネットサーフィンなどをしたいときにはwi-fiを使いましょう。

結局マイネオにして良かったの?

電波は悪くなりました。
通信速度も遅くなりました。

じゃあマイネオにして後悔しているの?と問われたら即答できます。

マイネオにして良かった、と。

だってSoftBank時代は月額8000円ですよ!

それが410円になるなら電波悪かろうが通信速度遅かろうがどうでもいい。

というよりは外でソシャゲやったり動画見たりしないし、家ではwi-fi使っているので不便には感じない!

月額410円+新しいSIMフリーiPhoneSEが月々2500円なので、月額2910円になりました。

既に端末持っている方ならそのまま410円になるので、僕みたいに外ではあまりスマホいじらない人には超おすすめです。

ていうか友達少なくてスマホ依存でもないタイプの人は、ほとんど使わないスマホに月8000円とか払うのって本当にアホらしいと思いますよ。

そして僕にはmineoを紹介できる友達がいないのですが、逆にmineoを紹介してくれる友達もいないという同志の方には、下記紹介ページから登録して僕とAmazonギフト券2000円分を分かち合いましょう!

ここから申し込んでいただけると、Amazonギフト券2000円分を貰えるので、お互いに幸せになれます。お願いします。

mineoに乗り換える方法

それではお待ちかね!
乗り換える方法を紹介します。

Step0:準備するもの

以下のものを用意しましょう。

・予約番号(MNPする場合)
・免許証など本人確認書類
・利用可能端末
・エントリーパッケージ

予約番号

これは今使っている電話番号をそのまま使いたいという人のみ必要になります。

たとえばdocomo、au、softbankを使っていて、今の電話番号を変更せずに乗り換えたい場合ですね。

その場合は、この予約番号が必要になります。
各キャリアで取得方法が違うので、以下の公式サイトを確認してみてください。

docomoの場合

auの場合

softbankの場合

僕はSoftBankなので電話して予約番号を取得しました。

MNP予約番号ください」的なことを言えばアンケートの後に発行してもらえます。

「発行に時間がかかるのでその間にお得なプランを案内させてください」とか言われましたが、あれは嘘だと思います。

お得なプランの案内が終わったタイミングで「ちょうど発行されました」ってゲームのチュートリアルか!

本人確認書類

僕は免許証を用意しました。
写真を撮ってアップロードするのですが、手順は後述します。

ちなみに支払はクレジットカードのみだったはずなので、クレジットカードも必要といえば必要です。

利用可能端末

こちらのページから使う予定の端末が利用可能かどうかを確認しましょう。

僕の場合は以前使っていたiPhone5cが壊れてしまったので、新しくiPhoneSEを分割払いで購入しました。

iPhoneを使用する場合はSIMフリーiPhoneまたはSIMロック解除が必要になるので注意して下さいね。

SIMロック解除の手順は、以下の通り。

docomoの場合

auの場合

softbankの場合

僕のiPhoneSEは容量を128GBにしたので、24回払いの月々2500円です。
32GBでいいやという人は、24回払いで月々2000円でiPhoneSEが入手可能です!

たぶんSIMフリーiPhoneをApple公式から買うならこれが最安?

最終的には32GBが44800円で、128GBが55800円になります。
11000円多く出せば容量が4倍になるのでなんとなくお得感。

ちなみにSIMフリーiPhoneはAppleから購入する必要があるので注意して下さい。

※追記
僕がiPhoneSEを購入したほんの数日後にiPhoneSEの値下げが発表されました。
ことごとく情弱で泣きたいです。

iPhoneSEの新価格は以下のようになっています。

iPhoneSE 32GB:39800円
iPhoneSE 128GB:50800円

さらにお安くなりました。
僕の月々の引き落としも安くなってくれないかなあ!

エントリーパッケージ

はい、これが一番重要です!
これがないと損します。

というのも、情弱な僕はネット検索して出てきたサイトに書かれてあるまま手続を始めました。

手続の仕方も雑だし不親切なサイトだな…と思いつつ結局はほとんど自力で手続したわけですが、ナンデカナア(棒)

エントリーパッケージのこと何にも書いてなかったじゃん!

mineoに乗り換えると決意したらまずはこいつを購入します。

このエントリーパッケージを使用することで、契約事務手数料3,000円(税抜)が無料になります。

つまり、これなしで登録する場合は契約事務手数料がかかります。

免許証なんかよりもよっぽど重要だろこれ…。

これを買わないメリットって何?
待たなくていい分、すぐに乗り換えができるとか?

とにかくエントリーパッケージの差額で初期費用2000円ほど安くなるはずなので、Amazonからの到着を待ちたくないという人以外は買うべきだと思います。

レビュー見てみたら1週間で届かないという人もいましたが、まあ僕みたいな田舎に住んでいる人なのでしょうきっと。ちなみに僕の住んでいる場所は田舎ですが、注文して翌々日には届いていました(Amazonで他の注文したときのことね)。

いずれにせよ、遅くても1週間待てば2000円安くなる…と思えば待つのも苦ではないはず?

Step1.mineoに申し込む

mineo

まずはmineoの公式サイトにいって申込ボタンを押すことになります。

紹介キャンペーンを利用してAmazonギフト券2000円分を僕と分かち合いたいという親切な方は、ぜひ以下のURLより申し込みを行って下さい!笑

パソコンやタブレットやスマートフォンでそれぞれ申込ボタンの位置に若干の違いはありますが、公式サイトにいけばすぐに分かるかと思います。

以下、パソコンの画面を使って説明していきます。

1.申し込み

まずはこちらからお申し込み。

今回は新規申込の方用の説明なので、左のボタンから遷移です。

2.申し込み方法の選択

真ん中のエントリーコードですが、一年間利用する毎に貰えるみたいです。

毎年貰えるみたいなのでiPhoneの新型が発売する度に買っている人なんかには便利なのかもしれません。

ちなみに僕はここでエントリーコードなしで登録に進んでいますが、以降の登録方法に差はないはずです。

3.サービスの選択

サービスの選択をします。

通話サービスについて必要な方は申し込んで下さい。
僕は不要だったので「申し込まない」を選択。

端末についての項目もありますが、mineoから端末を購入する人以外は「SIMカード」のみを選択します。

4.SIMカードの選択

SIMカードを選びますが、お使いの端末がどのSIMカードに対応しているのかは以下のページで確認してください。

僕のiPhoneSEはnanoSIMでした。

5.MNP申込

MNPを申込む人はここで用意していた予約番号が必要になります。

6.オプション申込

オプションが必要な方はここで選択することになります。

7.ご契約者さま情報入力

ここまでくるとあと少し!
個人情報入力しましょう。

7.契約内容の確認

あれ?ちょっとおかしくないですか?

初期費用(エントリーパッケージあれば438円だけです)はまあいいとして月額費用が割引されてない!
そこで疑問に思った僕はチャットサポートで問い合わせてみることにしました。


というわけで、表示上は基本料金の1417円が表示されていればOKのようですね。

後に契約内容通知書というものが届くのですが、「適用キャンペーン等」の項目にはちゃんと記載されています。

どうやらこの表示で問題ないようです。

8.本人確認書類のアップロード

続きまして用意していた本人書類のアップロードをここで行います。

鮮明な写真を撮って送信しましょう。

9.申し込みの確定

提供条件とサービスの内容を確認したら申し込みを確定しましょう。

すると画像のように仮申し込み状態になります。
登録したアドレスに届いたメールからmineoにアクセスし、本申し込みを完了させます。

10.本申し込み

本申し込みが完了すると、このような画面になります。
これであとはSIMカードが到着するのを待つだけ!

お疲れさまでした!

Step2.進捗を確認する

ここからはおまけ。
申し込みが完了しているので、後は待つだけですが発送までの進捗を随時確認することができます。

進捗確認ページは本申し込み完了のページから遷移可能です。

申し込み直後は以下のような状態。

これが翌日になると、いつの間にか50%まで進んでいました。

さらにその日の夜に確認してみます。

審査完了!
キャンペーン中なのに早い!

申し込みから1日で審査完了まで進みますね。

さらに翌日。
つまり申し込みから2日目。

ステータスが出荷準備中に。

そして次の日。
申し込みから3日目…。

無事に到着しました!

審査に問題がなければ3日で手元まで届きますね。
その間、もちろん以前使用していたSoftBankの回線は使える状態でした。

Step3.mineoの回線に切り替える

はい、ここからはSIMカードと一緒に到着する『ご利用ガイド』の方が明らかに分かりやすいので、簡単にいきます笑

僕のように電話番号をそのまま利用するMNPを申し込んでいる場合、もう一つ作業が必要になります。
それがこの回線切替ですね。

SIMカードが到着した段階ではまだ乗り換えが完了していません。

使用する端末にSIMカードを差し込み、wi-fi環境下でmineoのマイページにアクセスして回線切替を行います。

具体的な手順は『ご利用ガイド』に画像付きで説明が載っているので、手順に従って切替を行いましょう。

手続関係はこれでおしまいです!

まとめ

こうして僕は月額利用料を8000円から410円まで引き下げることに成功しました。

端末代を含めても2910円。
iPhoneに拘らない人はこれよりも安く済みますし、端末を持っている人は410円から利用可能です。

浮いたお金貯めて旅行でも行こうかな~。

とにかくdocomo、au、softbankを使っているけど利用料が高いので何とかしたいと思っている人は、今mineoに乗り換えるのがチャンスです。

この月額410円から利用できるキャンペーンは11月9日までなので、利用を考えている人はお早めに。

紹介キャンペーンから登録してくれる素晴らしい人はこちらから!

そういえば回線切り替えたばかりの時にmineoで電話の着信ができないというトラブルが発生してしまったので、解決方法を記事にしてみました。
こちらも参考にしてみてください。