IT業界に就職したら職場のランチはどうなる?

ブラック業界と言われるIT業界。

もしかしてお昼も食べられないのでは!?

そう思っている方にいくつか現場を経験した僕が回答してみたいと思います。
ちなみにIT業界の中でも特にSI業界の話です。

スポンサーリンク

そもそも食べられるの?

これは場合によります。

忙しい場合、お昼休みをとらせてもらえないので食べられません。

この記事で紹介したとおり、同期はお昼の時間に昼食をとれていませんでした。
この日はたぶん僕が来てなきゃお昼は食べなかったと思います。

まあここの現場は大半上司のせいですね。

昼食食べられないだけでなく、日によっては夕飯も食べられなかったりします。
免疫力が低下するせいなのか、同期はよく風邪をひいていましたし、インフルエンザにもかかっていました。

栄養は足りてないでしょうね~。
こっそり食べるとか、サプリ用意しておくとか、対策は必要になると思います。

現場によって様々

IT業界に限ったことではないでしょうが、昼休みの過ごし方も昼食のとり方も様々です。
いくつか僕が経験したパターンがあるので、紹介してみます。

ちなみに一番安上がりな手段は、食べないです。

実際、食べない人も中にはいました。
そういう人は昼休み中、だいたい寝ています。
色んな意味ですごく不健康そうな見た目をしているおっさんに多いパターンでした。

ランチを食べに行く

オフィスビルとかだと、地下にレストラン街があったりします。
チームとか自社の人たちとか、仲良い人たちで固まって食べに行きます。

土地によって値段は様々ですが、六本木とか大崎とか恵比寿とかになるとランチが高いんですよねー。
当たり前ですが現場によって給料が変わるなんてこともありません。

ランチ代は高くても、給料は据え置きですね。

ランチで1000円超えるのもよくあることですし、新人・若手とか現場入ったばかりとかだと付き合いも仕事のうちなので、一人だけごめんなさいというのは空気的に難しかったりします。
給料少ない若手こそ辛い値段なんですけどね…。

でも美味しいので!
ランチタイムが楽しみになります。

お弁当販売

大きな現場だと、フロアまで直接弁当販売に来てくれます。
こういうところで売っている弁当はだいたい安い。
ワンコインで500円とか。

フロア内販売でなくても、オフィス街では外でお弁当販売しています。
近くに大学なんかがあるとラッキーですね。
300円台で売っているのを見たことがあります(味は最悪でした)。

ほっともっととか、チェーンのお弁当屋さんがあると便利なんですけどね~。
あとはスーパーも安いので、近くにあれば利用する人もいます。

ワゴン販売

お弁当とは違います。
1台のワゴンでお店が毎日入れ替わります。

カレーのお店とか、ガパオライスとか、色々…。
結構色んなところに現れるみたいですね。

当たり前ですが、お店ごとに値段も様々。
安い日もあれば高い日もあります。
不味い日もあれば美味しい日も。

人気店はクオリティもお店のランチレベルで、場所の提供がない分安く済みます。

弁当販売にも同じ事が言えますけど、問題があるとしたら場所をどうするかですね。

こういう現場は稀だと思いますが、様々な事情からオフィスで食べにくいこともあります…。公園で食べている人もいましたが、雨が降ったときの場所も確保しておきましょう。

弁当持参

たぶん結婚している人じゃないとこのパターンはないです。

なぜならIT業界は、夜終電まで働く現場が多いはずなので、朝も夜も弁当を仕込んでいる暇なんてないです。
僕は挑戦しようと思って材料を買い込みましたが、結局作る余裕なくて野菜とか腐らせました…。

それに昼だけでなく夕飯も考えなければいけないので、結局片方だけ弁当というのもなあとなってすぐにあきらめます。

ていうか、あきらめましょう…。

コンビニ

たぶん一番多いパターンです。
コンビニはどこにでもありますからね。

忙しいとフロアを抜け出せないので、出社時に三食分をコンビニで用意しなければいけなかったりします。
一週間コンビニおにぎりだけで過ごした日はさすがに死ぬと思いました。

あとこういう現場なのに臭いのきついものしか食べられない上司には周りのみんなイライラしていました…(隣の人は昼飯も夕飯も食べない人だったので大変だったろうなあ)

金貯まるじゃーんと思うでしょうが、こういう忙しい現場に限って日頃の鬱憤を晴らすかのように頻繁に飲みがあるので、むしろ貯まらなかったりします。

まとめ

就活生にとってはランチ事情も重要ですからね。
たぶんIT業界じゃなくても、忙しい職場はどこもこんなもんです…。

非常食は常に用意しておくといいですよ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事