辞める3ヵ月前という常識は古い?退職願・退職届はいつまでに提出すればいい?

スポンサーリンク

現在つとめている会社を辞めたいと考えたことのある方なら、恐らく一度は調べてみたことがあるのではないかと思います。

結局、退職願とか退職届はいつ出せばいいの?

今回はその疑問に答えてみようと思います。

スポンサーリンク

あなたは何業界にいますか?

実を言うとどこの業界にいるのか、これがもの凄く大事なことになります。

たとえば、僕の場合、IT業界でした。
IT業界の中でも特にSIという業界にいました。

僕の例を挙げるとこんなことになります。

つまりですね、契約形態とかお客さんがいるかどうかが大事になってきます。

円満退社を考えると、会社の不利益になることはしたくありませんよね。
うちの場合、お客さんがいるということは、会社がそのお客さんと契約して人材を派遣しているということなのです。

そのため、SI業界では「契約の途中で辞められるのは困る」となるわけです。

辞める3ヶ月前という常識なんてない

ネットで調べると「辞める3ヶ月前」とか「1ヶ月前」とか色々出てきますよね。

当たり前ですが、あなたがどんな仕事をしているかによって違いますし、当然会社によっても違います。
社則や就業規則で「○ヶ月前」と明確に定められている場合もあります。

いつまでに出せばいい?
その答えは非常に酷なものです。

辞める○ヶ月前なんていう常識は存在しないのです

特にブラック企業からしてみれば、絞れるだけ搾り取って捨てたいわけですよ。
引き継ぎとか諸々済ませて、契約期間しっかり働かせて、利用価値がなくなったらようやく辞められるくらいに思った方がいいです。

できるだけ早く辞めたければ、できるだけ早く退職願を出すことです。
あーめんどくせーと思うかもしれませんが、実は退職願なんて大したことないです。

テキトーに気楽に書いてさっさと出すのが吉です。

必ずしも自分が辞めたい日に辞められるとは限らないですからね…。

どんなふうに辞めたいのか

辞める3ヵ月前という常識がないということは、どういうことなのでしょうか。

それは裏を返すと、3ヵ月待つ必要はないという意味でもありますし、進展がなければ1年だって待たされる可能性があるということです。

あとは、あなたがどのようにして会社を辞めたいのか?という意志の話になります。

円満退職をしたい

先にちらと触れましたが、円満退職をしたい場合。
これが、一番辞めにくいです。

なぜなら、あなたの意志ではなく会社側の良心に頼るという何とも不確かな方法だからです。

想像してみてください。
あなたの会社は、あなたが辞めたいと言ったときにどんなふうに考える会社でしょうか?

「絞れるだけ絞り尽くしてやる」と思うようなブラック企業ですか?

「残念だけど社員の意志が一番…」と思うホワイト企業でしょうか。

後者であれば、できるだけ人間関係を崩さずお互い気持ちよく辞められるといいですよね。

その場合、円満退職をするために辞める時期を会社の都合に合わせる必要があります。
これは業務の都合上、当然のことですよね。

「いつ辞めたいの?」と聞いてきたり、退職願の日付がすんなり受け入れられる会社であれば、円満退職をしたいと思えるような救いのある会社だと思います。

自分の意志を通したい

円満退職なんてどうでもいい!
会社の都合に合わせる気なんてない!

人によって事情は様々ですから、そんな人がいてもおかしくはありません。

まずは退職に必要なものを徹底的に用意しましょう。

退職願・退職届、場合によっては診断書があってもいいかもしれません。

すべて周到に用意したら、なんとしても「3ヵ月後には辞めるんだ」という意志を持って上長に退職願を提出します。
まず3ヵ月という猶予があれば、よっぽどのブラック企業でなければ調整できるはずです。

契約?
3ヵ月あれば質が落ちたとしても代わりの人材を用意できます。
無理だと言われても、こっちも無理!という姿勢でいきましょう。

早く辞めるにはどうすればいい?

それでも、今すぐ辞めたい場合がありますよね。

辞めたくて退職願を出すのに、3ヶ月も(僕の場合は1年も)辞めたい職場で仕事を続けるなんてひどい話じゃありませんか?

大丈夫です。
3ヵ月なんていう常識も公的な規則も存在しません。

会社で規定がないなら、明日にだって辞めていいはずです。
常識のないやつだと思われるかもしれませんが、それ以上に常識を問いたくなるような会社に勤めている人だっているかもしれませんしね。

なので、会社なんてどうでもいいという人であれば、実はすぐにでも辞められると思います。

はい…戦う姿勢を見せるのです…。

僕の同期は「診断書」を出しました。
僕の場合は上長や課長をすっ飛ばして、人事部長に退職願を叩きつけるという荒技を使いました。

たとえば職場にもう顔も見たくないような上司がいる場合、「あいつの顔が見たくないので明日から仕事行きません」でも何でもいいです。
啖呵切って退職届出せば辞められるはずです。

…退職金は出なくなると思いますけどね。

退職したいけどあと一歩踏み出せない

退職願を出すという作業は、精神的にハードルがかなり高い作業かもしれません。

特にお世話になった人になんて説明しようかとか、転職先が見つかるのかとか、多くの不安に悩まされることになることでしょう。

そんな時、一番いい不安の払拭方法は、さっさと退職願を出してしまうこと

こうしてはしごを外してしまえば、後に退けなくなります。

退職願を出す前に

しかし一方で、将来の不安はついて回ります。
この退職願をさっさと出してしまうという選択で、後々後悔するということになる可能性だって、ないことはないのです。

そういう人が転職サイトを利用して、退職前から転職活動を始めるわけですが、それはそれで退職願を出すよりも面倒だったりします。

なので、個人的にはまず、自分が今働いている環境は世間と比べてどうなのかを把握してもいいのかなと思います。

たとえば、自分の年収や環境は、世間一般と比べてどれくらいなのか?
これで世間一般より低いとなれば、現実的に辞めた方がいいと自分を納得させることができるでしょう。
逆に高いならばどうしよう…と考えるきっかけに繋がるかと思います。

退職願を出す方に傾いたら

いよいよ退職願を出すと決意して、転職活動を始めることになったとしても避けられない不安要素があります。

転職先は本当に良い環境なのか?

良い環境を求めて今の仕事を辞めるのにせっかく転職した先がブラック企業では目も当てられないですよね。

なので、僕のおすすめは企業の内部事情の口コミをチェックすることです。

そんなことできるの?と思う方もいるかもしれませんが、キャリコネというサービスで実施されています。

キャリコネは圧倒的な企業口コミ数が特徴の転職サイトです。

たとえば「年収」や「残業・休日出勤」がどの程度あるか…そんな内部事情は求人を見ていても分かりませんよね。
恐らくリクナビを使っていて、じゃあこの会社についてぐぐってみようとなった時、内部事情を知るために結局辿り着くのがキャリコネだと思います。

この口コミを検索する機能を利用して、希望する会社はブラック企業なのか?を判断していきましょう。
面接まで辿り着くことができれば、面接レポートの公開があるので対策もばっちり。

求人検索はどこのサービスでも扱っているのでともかく、企業の口コミ+面接レポートだけでもこのサイトは絶対に価値があるはずですよ。

もちろん月額料金等はないので、気になった方は気軽に試してみて下さい。

まとめ

結局、退職願や退職届はいつまでに出すのが正解?

円満退社を望む場合。

できるだけ早く出しましょう。

それ以外の場合。

あなたの戦う姿勢次第です。
本気であれば、数日前でも問題ないでしょう。

言うほどめんどくさい手続きとかがあるわけでもありませんからね。
特にIT業界なんて辞められるの前提で新人を多く採用しています。

辞めたくなった時に提出する。

これが最適解でしょう。
返答次第でその後の行動を決めればいいと思います。

退職を迷っている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事