暗記勉強の新定番?アプリ「アンキスナップ」とは?値段や評判と共に紹介する

暗記学習に「暗記カード」や「赤シート」を使ったことはありますか?

受験生なら一度は使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

僕はあの「赤シート」というやつが嫌いでした笑
色弱のせいなのか知りませんけど、何を使っても絶対に隠れてくれないんです。
いちいちしゃっしゃと被せたりどけたりするのも面倒で、ルーズリーフにひたすら書き殴る方がまだ性に合っていました。

そして先日、こんなものを発見。

スポンサーリンク

アンキスナップというアプリがあるらしい

アンキスナップとは?

おおおお、楽しそう!

専用のマーカーで塗ったところが、アプリで撮影するとマスキングされるというもの!

これなら煩わしいシャッシャもやらなくていいし、ワンタップでぽんぽん見たり消したりできるのは手軽で便利だ!

社会人になったら今なら、スクラップ機能のほうが気になるところですね。
個人的に新聞は情報媒体としては速報性も情報量もネットに劣ると思っていて、読むとしてもせいぜい連載か書評欄くらいなものなので、いらない部分が多すぎる新聞を手軽にスクラップできるのは嬉しい!
いやあひどい理由だ笑

ビジネス書のまとめ部分なんかをスクラップするのにも便利そうです。
いちいちスキャナー出すのはめんどくさいですからね。

アンキスナップの値段は?

あれもしかしてこれ、結構高いのだろうか…。

2/14バレンタインデー現在で1080円です。
こんな代用が利きそうなペン一本に500円も出せる?笑

と、思いきや。

これ、ペンの値段でこんなに高くなっているのではなく、ライセンスが同封されているみたいですね。
これでライセンス登録しないとアプリが使えないらしい…。

なるほど。それは仕方ない。

ま、使えるなら問題ないですよね。

気になる評判はどうなのでしょうか。

アンキスナップの評判は?

別にテレフォンショッピングじゃないので何も隠さず紹介しますが…。

はっきり言ってゴミレベルの評価を下されています!

GooglePlayの評価

リリース翌日に無限レベルアップバグが発見されたソシャゲみたいな評価だ!

一例

Amazon(赤ペン)の評価

一例

ボッコボコですね!

アプリ強制終了するし保存できないし保存したのに3日で消えるしみたいな評価が目白押し…。

そのわりには結構色んなところで紹介されるので買ってしまう人も多いみたいですね。
僕が知ったのも、Yahoo!に載っていた宣伝記事でした。

まあ、悪いことなんて書けないですもんね笑

アンキスナップの実用性を考える

利点
・スマホにまとめられる
・手軽に勉強できる

欠点
・課金制(それが普通ですけど)
・まとめる手間がかかる
・未知数レベルのアプリの不具合
・誘惑(スマホ)と隣り合わせ

こうしてみると利点がもはやないに等しいくらいですね…。
スクラップもよくよく考えてみれば、わざわざこんなアプリ使わなくても、普通に写真撮ればいい話ですし!
もうそういうのめんどくさいなら紙くらい破いてまとめときゃ早いですからね。

それでもまったく勉強しないよりは…と思っている方、ちょっと待って。

「まったく勉強しないよりは」って考えるなら、別にこんなもの使わなくてもよくない?

「赤シート」を使う勉強方法について

たぶん、最強の暗記学習って、全身一切動かさずにただ目の前に出てくるものを覚えていくことなんでしょうね。

でも、そんなことができるなら苦労はしないわけです。

参考書を持ってページに目を走らせていく…。
眠くなる…。
頭に入らない…。

じゃあ仕方ない、手を動かそう!となる人は多いと思うんです。

赤シートや実際に書くことは、「手を動かすことがトリガーになって脳が活性化してより暗記効果がある」と言われることもあります。
僕は専門家ではないので分かりませんが、手を動かすことがトリガーになるなら、別に赤シートである必要もペンである必要もないじゃんね。

以前、こんな記事を書きました。

ながら勉強をやりなさいという訳ではありません。
「まったく勉強しない」よりは、「ながら勉強」をした方がいいですよ、ってことです。

で、眠くなって頭に入らないから手を動かそうっていう理由なら、もっと楽しいことをやりながら勉強した方がより効果があると思うんです。

自分が普段慣れていることをやるといいですよね。
勉強に割く意識の比率を上げることができるはずですから。

結局、勉強は自分に合ったやり方が一番伸びるので、頭を柔らかくして何でも試してみるといいですよ!

もちろん、アンキスナップこそ「我が最強の朋友!」と言う人がいてもおかしくないとは思いますしね!

アンキスナップ、僕は試す気が失せましたけどね!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事