ガチで1アクセスもないブログのためのSEO対策

おいおい、1アクセスもないブログだって?

そんなもんあるわけ…

僕のブログじゃないか!

心電図だったら死んでるよこれ!?

ちなみに記事の横に~viewって書いてあるのはCSSチェックのために全部自分で踏みました、はい。

昔はてなブログをやっていた頃は、初めて書いた記事ですら100アクセスは来たもんよ…。

現在、記事を書きはじめて二日目。

8記事公開した段階でこれ。

1記事2000字で毎日5記事くらい書いていこうかなと思っていた僕のモチベも、早速へし折られそうになっています!

スポンサーリンク

まずは僕の叫びを聞いてほしい

※以下、読み飛ばしていいです。

聞いてよ!

ここ3週間、wordpressしか触ってないんですよ!?

寝ても覚めてもwordpress。
映画も観てないゲームもしてない本も読んでないしアニメだって一話たりともみてない。あー今期なにやってんのかなー。

html&CSS初心者の僕が3週間で頑張った方ですよ!

ブログのためにTwitterアカウント取ったし、All in one seo packも導入した!

記事のタイトルぐぐればちゃんと出てくるからインデクッスも張られてる!

けれどTwitterのキーワード検索にはスパム判定されてるのか引っかかってくれない!!

アクセス数0!?

僕は信じないぞ!!!

……待てよ。

もしかしたら過去にもいたのではないか?

記事を量産して地道にアクセスを稼いできた強者が。

きっと最初はみんなこんなものなんだろう。
seoの道は茨の道だったのだ。

しかし僕は……出会ってしまったのだ。

どうやらこのポジ熊という方、そこそこ有名らしい。

そしてまさしく僕の探していた先人だった!!

当初は文字数さえ満たして記事を量産すれば結果が出る!と妄信して2か月間サイト運営を続けたが、まったくといっていいほど結果が出なかった。

だめじゃああああん!!

あぶねえ。
2ヵ月無駄にするところでした。

あれ、そもそも文字数2000じゃなくて1000でいいの?
1時間あたり4000字を叩き出す駄文製造器な地鶏としては(ちょっと盛った)短くする方が難しいなくらいの感触でしたが、1000字でいいそうだ。

いや、重要なのは文字数でも記事数でもなーい!

ニーズのあるキーワード選出

キーワードプランナーを使用することで需要のある記事を書けるようになり、PV数が伸びた

ここだけ読むとキーワードプランナーの宣伝みたいで楽しいね。

どうやら僕の書いている記事は「需要のない記事」らしい。

キーワードプランナーの有料登録が終わっていないので、とりあえずaramakijakeで書いた記事に関係ありそうなキーワードを調べてみる。

SI

ながら勉強

ブラック企業

故事成語

モンスター上司

ここまで調べてなんとなく分かった。

このブログの主題自体がもう間違ってたんだわ。

SIでシステムインテグレーターに繋がる?
お洒落な外観にsalonって名前ついてて入ってみたらフランス料理屋だったくらいひどいネーミングな可能性があるぞ!

ちなみに「システムインテグレーター」はこちら。

うん、だめだこりゃ。

つまり、これではっきりした。

記事の量じゃない。
記事の質じゃない。

検索されなければ意味はないのだ。

具体的な方策

問題が浮き彫りになったからには解決せなばなるまい。

え、やめるわけないでしょ?

だって、仕事辞めて3週間悪戦苦闘してようやくブログ作ってようやく記事書きはじめた段階ですから!

背水の陣なんですよ!

後戻りはできないわけで、だとしたらもうやるしかないわけですよ。

とりあえず、前提のおさらい。

・記事の量産はSEO的にそれほど意味がない。
・検索されるキーワードから記事を書く必要がある。

しかしはてなブログやってるわけでもないのに、これだけでどうやってバズるのか皆目見当もつかないわけですが、たった一つの冴えたやり方が見つかったのでやってみることにしましょう。

答えはこちら。

ガチで1アクセスもないブログは、検索されやすいキーワードから記事を書く。

本当にこんなんでPV増えるのかな?

またしばらくしたら続報を上げてみたいと思います。

目標

先ほどのキーワード検索の件で、ちょっと可能性を感じたものがありました。

故事成語はもしかしたら悪くないのでは?

あと、ブラック企業。

ブラック企業は競合多そうだけど、もっと特化した記事を書けばいいのだろうか。

故事成語は、ピンポイントで一語一語記事を増やしていけば、塵も積もれば何とやらになりそう。

それに元々、自分で勉強するための記事なので、これは続けていきたいです。

では、続報までの目標として以下を上げてみます。

1.記事はキーワード検索を利用して書く。
2.それとは別に故事成語カテゴリも書く。
3.従って最低でも1日2記事は書く。

はい、この3つを実践してみます。

なにせこちとらニートですからね。
やってやりましょう。

To Be Continued…

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

あなたにオススメかもしれない記事