経験が浅い若手SIerでもフリーランスになるべき理由とその方法

SI業界の闇の一つに、「めちゃくちゃ頑張って働いているのに全然収入が見合っていない!」というものがあると思います。

これは当然、自社が営業やら経理やら色々とやってくれる分、プロパーと契約した時に本来もらえる分を中抜きされているからなのですが、その額が尋常ではない。

もちろん会社はこの額を社員に知られないように精一杯無駄な奮闘をしていますし、お金の話にはかなり気を遣っていると思いますが、現場で働いているとそういう話は不思議と耳に入ってくるんですよね。
だから誰でも一度はフリーランスになってみようかなと考えるわけです。

「でも経験浅いし、なれるわけないしな~」

と、本当にそうですか?

スポンサーリンク

経験が浅くてもフリーランスになれる?

なれるかどうかで言えば、もちろんなれます。

仕事なのでそれなりに努力が必要になってきますし、慣れるまで緊張することもあるかもしれませんが、それは現場が変わる度に味わうあのそわそわ感と大差ないです。

まあ問題は技術的な話ですよね。
普段テストばっかりだし、JavaだろうがRubyだろうがCだろうが基本はコピペ。
ソースをなんとなく追うことはできても、0から何かを組み上げた経験なんてないし、そんな自信もないし…と。

SI業務って実際のところそんなのばっかりじゃないですか。
今までなんとかなっていたなら、これからもなんとかなりますし、現場に入ったばかりの人には先に作業している人たちが丁寧に教えてくれます。
そういうものですよね?

その流れは例えば企業に勤めていようが、フリーランスになろうが変わらないです。

名刺の隅っこに書いてある名前が別のものに変わるかどうかの違いでしかないんです。

それでも不安だ…という人は、とりあえず記事を最後まで読んでいただけたらなと思います。

フリーランスになるメリット

どうして「フリーランスになるべき」などと言うのか?
それは、ここに上げるメリットを見ていただければ一目瞭然だろうと思います。

収入が激増する

まず、第一に収入が激増します。
僕が以前働いていた現場にフリーランスの人がいました。

その人は僕と同じ年齢で、プログラミングを始めた時期もほぼ一緒で、業界に従事した年数で言えばまったく同じくらいの人。

違うのはここに来るまでの経歴と収入だけでした。

僕が基本給で月20万に届かないくらいだったのに対し、彼は月70万円貰っていました。

僕が出た大学は、大学に関心のある人なら大学名を知らない人はいないだろうという大学。
一方で彼は高卒で保険会社の営業をやった後に数年ニートをしていたという逸材です。

元々そうした経歴という人だと知っていたので、飲み会で月給聞いたときは「すごいっすね!」なんて返しましたが、実際は心の中で「嘘だろ…」と項垂れてしまいました。
苦労して大学に入ってそれなりの熱意を持ってこの業界に入ってきたのに、まさか収入でこんなに差があるなんて…と。

別に学歴がどうとか抜きにして、単純に同じだけ生きてきた彼とここまで差が付いているのを目の当たりにして悔しかったのです。

フリーランスになれば、中抜きがない分、収入は本当に激増します。
彼がどうやってフリーランスになったのかは後述しましょう。

人間としての成長がある

フリーランスになれば収入だけでなく、人間としての成長が見込めます。

日々の仕事に責任感を持って行動するようになりますし、成功も失敗も全て会社の評価ではなく自分自身の個人の評価に繋がります。
「自分でやらなきゃ…!」という積極性が自ずと出てきますし、こうしたメンタルの向上が行動に繋がってきます。

そしてそれがいつかは自信に変わります。
現場にいるフリーランスの人って、かっこいいイケイケの人が多くないですか?

自信に満ちあふれた人間というのは、2割増しくらいにかっこよく見えるものです。
あとなんか知らないけどめちゃくちゃ楽しそうに見えます。
これは当時、本当に羨ましいなと思ったりしていました。

会社勤めはよく「安定」という言葉で評価されますが、僕はこの「安定」という言葉も「安定」を持ち上げる社会の風潮も嫌いなんですよね。
「いつ仕事がなくなるか分からない」なんて、別にフリーでも会社勤めでも同じ事ですし、なくなったらまた探せばいいじゃないですか。

まさか仕事がなくなったときにまったく動けないような経験しかしてこなかったんですか…?なんて上司に言ったら殴られるので注意してください。
要するに「安定」なんてものは幻想であって、蓋を開けてみればそいつは「停滞」でしかないと思うんですよ。

本当の「安定」って、仕事がなくなってもすぐに仕事が見つかるような能力を持った状態のことなんじゃないですかね?

まあ確かに会社勤めよりもフリーランスの方が、仕事がなくなる可能性は高いので、ひやひやすると思いますが、成長速度はバックに会社がついている状態と違って段違いですし、それだけやりがいも楽しさもあると思います。

フリーランスになるデメリット

上記でも軽く触れていますが、もちろんフリーランスになるのはデメリットもはらんでいます。
基本的に、フリーランスになるには以下のデメリットを解決していく必要があります。

ボーナスがなくなる

ボーナスがなくなります…!
収入が増えるんだからいいじゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、本当にそうですか?

あー今月を乗り切ればボーナスが待っている…!
と思えるからこそ頑張れる時期ってあるじゃないですか。

ボーナスが半年に一回だからこそなんとか1年やっていけると思うんです。
年に二回の歓びがなくなり平淡になってしまうことで、モチベーションの起伏が一切なくなってしまいます。
そして昇進も昇給もないです(もちろん交渉はできます)。

ま、フリーになりたての頃は毎月ボーナスみたいなものですけどね!

営業が必要になる

フリーランスになると営業が必要になります。

ただ、そういうやり方もあるというだけです。
実際にはネットで探せばいくらでもフリーの案件はありますし、仕事取ってくるのは今日日それほど難しいことではありません。

現場に入って以降は色んな人に名刺を渡して顔を売るという行動も、まあ営業と言えば営業ですね。
しかしそれは中小企業の社員だったら当たり前にやらされることだと思いますし、やらされなくても個人レベルでやっておいた方がいいことだと思います。

そういうことをやっていると、結構色んな集まりに呼んでもらえたりします。
業務外でゴルフ誘われたりスノボ誘われたり麻雀誘われたりということもあります。

まあそういう付き合いが苦手ならもちろん断ってもいいのですが、横の繋がりがあるのってなんかかっこいいですよね。

税金関連も自分でやる必要がある

フリーランスでやるときには開業届を出す必要が出てきます。
その時は青色申告承認申請書も一緒に出さないといけませんね。

なんかものすごく難しそうなこと言ってますが、何の知識もない状態で判子持って税務署行っても30分あれば片がつくと思います。
税務署の人が丁寧に教えてくれるはずですよ。

ただ、申請を出すのは簡単なのですが、やっぱり面倒なのは確定申告ですよね。
これは人にもよりますが、複式簿記にならないなら自分でやっている人が多いのでしょうか。

会計ソフトを使ってやる人が多いでしょうね。
もちろん会計ソフトもですけど、パソコンやその他パソコンソフト等も一部経費にすることができます。

実際このあたり何が経費になるのかって勉強すると楽しいので、一冊読んでみてもいいかもしれません。

僕が読んだのはこれでしたが、簡易簿記なのでオーバーワークでした。

フリーランスになるべき理由

これだけデメリットもありながら、なぜフリーランスになるべきなのか?

それはもちろんメリットが圧倒的に大きいというのも理由の一つですが、それだけではありません。

仕事内容が収入に見合っていない

要は会社勤めって収入少なすぎなんですよ。
もっと言えば会社の取り分が多すぎるんです。

エンジニアが身を粉にして働いているのに、会社の取り分が個人の3倍以上になることもあるって何事なんですか…?
会社とはそういうものだと思う人もいるかもしれませんが、僕はこれに納得できませんでした。

特に新人とか2年目の頃は、周りと比べて相当頑張っているという自負がありましたし、プロパーからの評価も上々でした。
それが会社の都合で現場移ることになったり、めちゃくちゃサボってる上司の方が僕の5倍くらい貰っているのも意味が分かりませんでした。

ちょっと早く入社した全然仕事しない人が、若手に仕事押しつけて自分はネットサーフィンしてるなんて腹立ちませんか?
偉さなんて肩書きで決まるわけでも年齢で決まるわけでもないですし、個人の働きぶりが評価されて初めて人からの尊敬を勝ち取れるものだと思うんですよ。

頑張って働いて結果出した人が偉いわけですし、そういう人が評価されて昇進していくのが正常な会社です。
あなたの会社は正常ですか…って聞くまでもないでしょうね。

現場に出て行くタイプの派遣型SIerは、まあだいたい頑張れば頑張っただけ損するようになっています。
もしくは、その頑張りが何年も経たないと評価されないようになっていて、収入や役職といった立場に反映されにくいです。

周りと比べても自分は相当頑張ってる方だと思ったなら、絶対に会社勤めなんて辞めてフリーランスになるべきです。

若手でもフリーランスになれる

よっぽど普段の仕事をサボっている人じゃなければ、若手でもフリーランスになることは可能です。

僕の周りの例では、先ほどの70万円貰っている同い年の高卒ニート上がりの人がいました。
彼は元々プログラミングなんてやったことがなかったわけですが、ニート中に友人のSIerから最低限のプログラミング知識を叩き込まれていました。

友人のツテを使って現場に入れてもらえるように交渉したわけですが、もちろん彼の実力が未知数なので、最初は「1ヵ月無給で働く」という条件付きだったそうです。
そして彼の働きぶりが認められて、晴れて2ヵ月目から月給70万という金額を手にすることが叶いました。

彼は相当運が良かった方だと思いますが、月収70万円の案件なんてその程度の技術力でやっていけるってことなんですよ。
それでもたぶん採用側からしたら会社通すより安く済んでるんじゃないですかね…この辺詳しくは分かりませんが。

彼には保険会社の営業以外に高卒ニートという経歴しかありませんでしたが、何より若手SIerにはちゃんとした経歴が備わっています。
人によってはうまいことやれば月収100万円も狙えるでしょうし、まあ少なくとも今よりは圧倒的に収入が増えることでしょう。

フリーランスで上手くやるコツ

フリーランスでやっていくにはコツがあります。
まあフリーランスじゃなくても、以下のようなことをやっていけば現場での信頼は勝ち得ます。

案件の内容を熟知する

プログラミングテクニックとかOSの知識とかよりも、今どんな案件でどういう仕様のものを作っているのかを誰よりも早く誰よりも詳しく理解した方が、恐らく現場内では使える人材になります。

なぜならコンピュータの知識っていうのはあればあったに越したことはないわけですが、そういう人が欲しければそういう条件に絞って人材を募集すればいいわけですよ。
そしてSI業界の大抵の現場にとって、そうしたテクニックや知識っていうのはオーバースペックにしかならないわけです。

もちろんそういう優秀な人材は採用側としても高くつきますし、本人としても自分の能力が活かせるような高収入案件を取りにいくでしょう。
技術や知識で劣る若手は、所詮70万円程度の低収入案件くらいしか取れないわけです…って書いてて虚しくなりますね。

ベテランにプログラミング等の技術で劣っていても、仕事はやっていけるから採用してもらえます。
じゃあどこで差をつけるか?と言ったら、ここで案件に詳しくなっておけば絶対に頼りにされるんです。

案件専用機くらいまで詳しくなってしまえば、新しく入ってきたベテランに何かを教えるのはむしろ自分の方になりますし、熟知して働きぶりが評価されれば収入の交渉もできるようになります。
こうやって頑張りが数字で評価されるのは会社勤めではありえないことですよね…。

技術が足りなければ、案件に詳しくなって人と会話していく過程で、すごい人たちから教えを請えばいいんです。

積極的にコミュニケーションをとる

どちらかといえば積極的にコミュニケーションをとったほうがいいと思います。
まあそっちの方がたぶん楽しいです。

まずは現場で何が流行っているかを把握しましょう。
特にいいポジションにいる人とは仲良くなっておいた方がいいかもしれません。

たいていソシャゲが流行っていて、課金で煽り合っているグループがいると思うので、そのうちの誰か話しかけやすそうな人に「そのゲーム始めようと思ってたんですよ~」とかなんとかさりげなく言って入っていくのが一番楽です。
先行投資だと思って煽りに乗っちゃってもいいです。

そのグループを足がかりにして、現場内のあの人がどんな人で~っていう情報を仕入れていくのが常套手段かなあと思っていますが、これはまあフリーランスじゃなくても有用ですよね。
僕もよくやっていました。
そしてフリーランスの人ほど、こういうソシャゲをやっていたりします。

たぶん課金しやすい収入源があるからなのでしょうが、無課金でもコミュニケーションツールとして始める人が多かった印象ですね。

とにかく、その現場の流行に乗ることは大事だと思います。

分からないことは分からないと言う

分からないことがあったらすぐに聞くべきです。

フリーランスなんだし…と見栄を張っても絶対に良いことはないです。

別にフリーランスだからめちゃくちゃ仕事できる人なんて誰も思っていませんよ。
現場に入ってしまえばほとんどの人はフリーランスがどうとか所属なんて気にしないですし、分からなければ優しく教えてくれそうな人に聞いて貪欲に吸収していくべきです。

先述した同い年の彼は、こういうところがかなり上手かったような気がします。
当時のプログラミング初心者だった僕も分かることは教えてあげましたし、案件のことで分からないことは聞いていました。

「こんなこともできないのか…」なんて思うわけないですし、むしろ教えることで自分のためにもなったり、こんな僕でも教えることができた…と妙なやりがいまで感じられました。
もしかしたら聞く相手は選ぶべきかもしれませんが、歳が近い人だったらよっぽど変な聞き方をしない限り問題ないと思いますね。

開発環境もテスト環境も現場によって様々なので、ベテランだって初めての現場では分からないことの方が多いはずです。
恥じる必要はありません。

デメリットをどうやって解決する?

実はデメリットというのもおかしな話ですよね。

デメリットになる諸々は自分でなんとかするか、お金払って外注するかのどちらかだと思うのですが、会社に勤めている人は後者をやっているということになります。
つまり月給が20万から70万にアップするとしたら、デメリットになる諸々を会社に50万払ってやってもらっているのと一緒。

冷静に考えてみてください。

高すぎじゃないですか?

外注してしまえば、こんなもの数万で済みますし、まあ高くても20万にはならないでしょう。
そもそもフリーになってみれば分かると思いますが、月収100万程度じゃ外注なんているのか…というレベルだと思います。

独力か、外注か

僕の周りは自分でやっている人がほとんどでした。
そして案外そういう人たちはフリーランスになってから初めて勉強していて、それでなんとかなっているので、一般的に見ても面倒なことではないのだと思います。

こういうところはもしかすると、僕みたいに大卒で流されるように就活したタイプだと頭が固いのかもしれませんね。
びっくりしたことに、僕の周りのフリーランスってほとんどが高卒だったんですよ。

まあもちろん高卒からすぐに働いていて若いけどもう5年目みたいな人もいましたし、逆に新人だった僕より1つ下なのに僕の5倍貰っている高卒フリーランスだっていました。
これほど学歴が役に立たない業界も珍しいなと痛感しましたよ。

彼らの思いっきりの良さと、良い意味でも悪い意味でも金に貪欲なところは見習いたいと思ったことですね。
人に金払ってやってもらうくらいなら自分でやるわって人がほとんどでした。

めんどくさいから知り合いの税理士に頼んでいるという人もいましたが、まあたとえば差し引きで月給が70万から60万まで下がったとしても20万の3倍ですよ。
どうせ同じ時間働くとしたらフリーランスでやらない理由はないです。

ちなみにちょっと種明かしをすると、その現場には声がでかいフリーランスの方がいて、飲み会で収入喋ったり若くしてどんな生活を送っているかという自慢話でフリーランスの布教をしていたので、異様なほどにフリーランスが多かったんです。

それで会社辞めてフリーで契約させてくれって頼んできた人を受け入れる現場も現場なんですけどね。
なんていうか、ビジネスライクですよね。

普通はフリーランスになるとしても、同じ現場で継続なんて、勤めていた会社の人とも会いますし、できないと思います。

本当に経験が浅くても大丈夫?

ここまで書いてきたとおり、答えは大丈夫とも言えるし、大丈夫じゃないとも言えます

要するに現場次第です。
現場がどういう人材を求めているのかという話であって、その人が会社に勤めているとかフリーランスですとかいう肩書きはあまり関係ありません。

会社ごとの繋がりで現場入りが優遇されることもありますが、SI業界は今驚くほど人材が足りていないので、そういう横の繋がりの隙間にいくらでも案件が落っこちています。
フリーランスになる側としては、問題はそういう現場をどうやって見つけるのかという話なんですね。

僕が会社を辞めるかどうかで悩んでいた時期に、上記のフリーランスが多い現場で仲良かった人から連絡がありました。

「会社辞めるんだって? うち来なよ」

と誘われました。
ちなみにソシャゲのギルドチャットで誘われました。

その現場は僕が今までいた中でも、一番自由で楽しい現場だったので涙が出そうになるくらい嬉しかったです。
今人がすごく足りなくて君がフリーランスになって入ってくれるならすごく助かると言われて、こりゃもう行くしかないなと思ったんですが、逆にそこまで言ってもらえるなら、色々経験して失敗して挫折してもう無理だってなったときに拾ってもらってもいいのかなと思い、誘いは受けないことにしました。

「まあいつでも言ってくれれば俺が話通すよ」

その現場は僕も自社の都合で移動になっていて本当に惜しい現場だったので、収入に困るようになったら僕はそこに戻るかも知れませんね。

さて、話を戻しましょう。
経験が浅くても大丈夫。

浅い経験に見合った現場を見つけられればね、という話でした。

では、どうやって見つければいいのでしょうか?

どうやって自分のレベルに合った現場を見つける?

もちろんそういうサービスが腐るほどあります。

どのサービスでもまずは「フリーランスになりたいんですけど、僕レベルでもいける案件ありますかねー」って聞けば「経歴と使用言語を教えて下さい」って話になると思います。
相談してみて、あなたでは難しいと思いますって言われたらまた時期を待てばいいだけじゃないですか。

まあ普通に現場で働けているレベルなら、問題なく案件は見つかると思いますけどね。

フリーランスの案件紹介でおすすめのサイトは、個人的にはレバテックフリーランスです。
名前を見ての通りですが、大手案件紹介サイトであるレバテックのフリーランス版ですね。

こういうサイトって案件紹介してくれる分、当然マージン取られちゃって自分の取り分が減るわけですよ。
何度も先述している彼みたいに直接企業と交渉できればいいんですが、そんな幸運もそうそうないですよね。

なのでマージン覚悟で普通は案件紹介サイトを利用するわけですが、その中でもレバテックは大手だけあってマージンが圧倒的に低いです。
それは大手ゆえの膨大な案件数に加えて、多数のエンド直請け案件を抱えているからというのが最大の理由で、そうした案件は中間の企業が少なくて済むんですね。

しかも現場参画のスケジュール調整までしてくれますし、クライアント先のやり取りはレバテック側に任せておけるので、「あなたいらないです」って直接言われることもないのが精神衛生上ありがたい…笑

専門チームのカウンセラーがいるので、自分の経歴やスキルに合わせた案件を紹介してもらえるというのもレバテックフリーランスの強みです。

フリーランス考えているけど、まだちょっと悩むな…という方は、僕の記事なんて読んでいないで、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。
詳細については公式サイトより確認をお願いします。

レバテックフリーランス

まとめ

・フリーランスになると収入は激増する
・フリーランスにはデメリットも多いので、そのデメリットをどう解決するのかが課題
・デメリットを丸々外注にしても会社勤めより儲かる可能性が高い
・自分のレベルに合った現場を紹介してもらえれば、若手でもフリーランスになることはできる