就活生のスキルアップにおすすめしたい仕事に役立つスキル

他の就活生よりも一歩先を進みたい人にとって、いかにしてスキルアップするのか?というのは一つのテーマになります。

基本的な考え方は、以下の記事で紹介しました。

この記事では具体的にどんなことがスキルアップになるのかを考えてみます。

スポンサーリンク

スキルアップになる題材

個々の業界や企業によって優遇されるスキルは全然違ったものになりますが、ここでは一般的に身につけておくと有利になるスキルをまとめてみます。

それも「コミュニケーション能力」や「自信」といった漠然としたものではなく、今日から意識して「やる!」と決めたら明確に身についていくスキルを紹介してみましょう。

※随時更新していきます。

1.語学

どの業界もグローバル化が進んでいるため、語学というのはかなり強い要素になります。

特にIT業界では、大企業に入ると取引先との会話に英語が使われることもあります。
楽天社内で日常的に英語が使われているという話も聞きますよね。

また、アジア圏に進出している企業は中国語や韓国語を使えると有利になることも。
僕の友人の中にはビルマ語を勉強している人がいました。

ビルマ語はミャンマーで使用されている言語です。
日本の経済にアンテナを張っている人なら、近年ミャンマーに日本企業が多く進出しているという情報を持っているかもしれません。

この記事にある通り、有名企業の名前が並んでいます。
こうした大企業を受ける際にビルマ語が使えるというのは、いいアピールになります。

語学に精通している人材は、どの企業も常に求めているものなので、需要が途絶えることは将来的にないはずですし、むしろこれからもっと需要が高まっていくでしょう。

2.プログラミング

このご時世、文系理系など関係なく、働くことになればほとんどの仕事でパソコンが使用されます。
そのため学校でパソコンを教えているわけですが、そこで教えられるものは基本的なことばかりですね。

IT業界など、業種によっては本格的にプログラミングをやっておいた方がいい仕事もあります。

ですが、専門的な分野に進でもない限り、プログラミングをやろうと思った多くの人はVBAで済むと思います。

VBAとは、Excelのマクロやツールを作るためのプログラミング言語です。
特に事務仕事でExcelを使うことは多いので、せめて関数だけでも覚えておきましょう。

簡単なのでMOS試験の資格は取っておいていいと思います。

Wordはあまり優遇されないので取るだけお金の無駄です。
取るならExcelの方ですが、対策講座を受けなければいけないような難しい試験ではありません。

CD付の対策本を使えば、日常的にパソコンを使っている人は1週間程度の勉強で合格できると思いますよ。

3.スポーツ

意外に思われるかもしれませんが、スポーツをやっているというのは大きな利点になります。

まず、どんな仕事にも体力は必須です。
朝出社して夕方(場合によっては残業などで深夜)まで仕事をやる…この1週間のサイクルを何年何十年と続けるわけですから、スポーツをやって体力や忍耐力が鍛えられている人は当然有利になります。

自分には運動神経がない、スポーツなんてやったことがない、だからやりたくない、という人がいるのも分かります。
もちろん無理してやる必要はないでしょう。

ですが、興味の湧いたスポーツはやってもいいかもしれません。

別に何かに所属する必要はないのです。
今は個人でもチームスポーツに参加できるサービスがたくさんあります。

ボルダリングやスカッシュなど、近年話題になっているものの競技者が少なく入りやすいスポーツも多いです。
ESや面接などでアピールするのに十分な話題にできるでしょう。

また、個人でそうしたスポーツに定期的に参加しているという行動力やコミニュケーション能力は、評価される要素の一つにもなるかと思います。

おすすめの方法

就活生という限られた期間でどのように身につけていくのがいいのか。
その方法を紹介してみます。

英語

語学に関しては、絶対に「会話」重視でやるべきです。
スキルとして必要なのは、厳密に言うなら「英語」ではなく「英会話」です。

語学を使って人とコミュニケーションを取れるかどうかが重要になるので、語学をスキルにしていきたいと考える人は絶対に「会話」重視のサービスを利用しましょう。

基本的に語学には時間がかかるものですが、就活期間にまだ余裕がある人には、0円留学で有名なアーグスを推したいです。

セブ島留学センターアーグスは、フィリピン政府公式認定語学学校という信頼性もさることながら、なんといってもホテル代・学費が無料という価格の安さに定評があります。
滞在期間も4週間から24週間まで選べますし、時間がない人でも短期集中で英語を鍛え上げられるのが魅力です。

そもそもセブ島行くのにホテル代がかからないというだけで、ものすごいサービスだなとは思うわけですが、それに加えて「英語力の向上」と「留学実績」を手に入れられるので、時間がある就活生にはかなりおすすめの選択肢になります。

ただし、光熱費や登録費は多少ながら別途必要になってしまうので、詳しい費用は公式サイトから確認してみてください。

セブ島留学センターアーグス

プログラミング

プログラミングに関しては先述したとおり、VBAを勉強したりMOS試験を取ったりするのが一番汎用性が高いのかなと思います。

ちなみに別の記事で入門サイトを紹介しています。

やりたい言語が明確な人は、上記の入門サイトでひたすら鍛えていくといいでしょう。

漠然としている人は、teratailなどのQ&Aサイトで聞いてみるといいかもしれませんね。
もしかすると先人が既に同様の質問をしているかもしれません。

teratailはプログラミング界のyahoo知恵袋で、プログラミングに関心がある程度の初心者から人生のすべてをプログラミングに費やしてきたようなベテランまで様々いるところです。

プログラミングをスキルとして伸ばしていきたいと思っている就活生は、絶対お世話になるサイトでしょう。

teratail

スポーツ

スポーツこそ自分が好きなものをやればいいと思います。
が、実際問題働いていると付き合いでやることになるのはゴルフでしょうね。

あとはダーツやフットサルに誘われることもありましたし、スポーツではないですが麻雀に誘われることも多かったです。
この辺りを押さえておくと、働くことになってからかわいがってもらえるかもしれません。

また、僕が就活中にやっていて採用担当に面白がられたのはボルダリングでした。
知らないワードや最近話題のスポーツには食いついてくれる人が多かったです。

「最近話題だけど面白い?」という声があったり。

ボルダリング、スカッシュ、バブルサッカー…などなど、やっていると面接時にも得をするかもしれません。

ちなみに僕はボルダリングを2回しかやったことがありません。
そんなものですが、まあ大丈夫でした。

まとめ

もちろんここに上げたものは汎用性を重視したので、まったくすべてではありませんし、無理してやれというわけでもありません。
自分が興味を持って無理なく続けられるものがあれば、それを優先した方がいいと思います。

たとえば、業界によってはイラストや小説などの創作活動が有利になる業界もあるでしょう。
料理や植物の知識が有利に働く業界だってあるかもしれません。

数多くの活動があるわけですから、自分に合ったもの、業界に合ったものを選んでスキルアップに繋げていってください。

就活記事一覧

今回の記事はいかがでしたか?

こちらのページで当ブログの就活に関する記事をまとめています。

もしよろしければ、見ていってください!