ブラック企業への仕返しのために自作ツールを全消去してから退職した話

今回の記事は身バレ覚悟です!

僕は既にブラック企業を辞めていますが、辞める直前の現場は3本の指に入るくらいひどいところだったので、ちょっとした仕返しをしてから辞めてきました。

今回はその仕返しのお話です。

スポンサーリンク

どれほどブラックな現場だったのか?

あの頃の怒りを思い出しつつ箇条書きにしてみます。

・仕事は一切しない癖に口だけは出す上司
・毎日終電で土日も出勤するのに終わらない仕事
・頑張れば頑張るほど仕事を振られるクソシステム
・駅から遠い…

辞める前日まで終電とかいう本当に馬鹿げた現場でした。

これに加えて、自社との退職交渉もボロボロ。
こっちが終電まで働いてろくに考えることもメールに返信する時間もないと分かっているのか、煽るかのようにメールを連発してきます。

有給+取得できなかった夏休みで僕は翌月の営業日を丸々休めるはずでしたが、「無理です」の一言で突っぱねられる。
(メール本文曝したいですねコラ!)
このあたりは、こちらの記事に詳しく書いています。

そんなこともあり、僕の中にいる悪魔の声は日に日に大きくなっていきました。

このまま大人しく辞めて後悔しないのか?

よし、分かった。

ローカルにある「自作ツール」フォルダを見て、僕は考えたのです…。

僕はこんなツールを作った

ツールに関しては一悶着も二悶着もありました。

その現場で、僕はこんなツールを作っていました。

・エクセルファイルを自動で作成後、指定フォルダを検索して自動で画像を貼り付けてくれるツール
・テキストファイルの中身をコピーしてシートに貼り付け後、罫線とか改行とか自動調節してくれるツール
・ファイル名一括変更ツール
etc……

他にもツールというかマクロみたいな細かいものは10コ以上作りました。
ていうかもっとあったはずだけど忘れました。

これらは全て、VBAで作っています。
この業界に入ればプログラミングできるだろ~」と思って就職を決めたのに、プログラミングなんてやる機会ないうえに誰も教えてくれないから自分で勉強してこれだけ作りました。

なので当然、コメントアウトで説明する文化に倣ってはいませんし、使い方のファイルは作ってもメンテナンス方法のファイルはありませんでした。

「地鶏、このツールってメンテナンスどうすればいい?」

辞める何日か前にこう聞かれました。

「メンテ方法はファイルにしてないですねえ。メモ書きくらいならローカルにありますけど」

「ああ、じゃあ辞めた後に見るからいいか」

そう、僕が現場を離れるのは月末。
工程の〆も月末でした。

〆切直前でとんでもない忙しさだったのです。
ここで「サーバーに上げといて」と言われなかったのをいいことに、僕はちょっとした企みを思いつきます。

ローカルのツール(最新版とかメンテメモとか作り方とか全部含めて)削除してやろうか、と。

でも、ただ削除しただけではつまらない!

そうだ、僕はこれだけ頑張ってVBAを使えるようになったんだ。

だったら…。

僕のVBA学習の集大成をここで見せてやろうじゃないか?

お前も「新しいフォルダー」にしてやろうか!

細かいツールやマクロなんかは、存在こそ周知されているもののローカルに置きっぱなしというものも多くありました。

なぜなら上司は仕事をしないため、みんなでツールを共有しようという意識が薄かったのです。
どころかツールなんて作るな、と言ってくるやつでした。

プロパーさんのおかげでツールは周知されるようになりましたが、それもチーム全員が使える大きなツールだけ。

僕個人の仕事を効率化するためのツールは、未だローカルで眠っていたのです。

さて、一矢報いるためのツール作りを水面下で進めていきます。

僕の最高傑作でもある「エクセルファイルを自動で作成後、指定フォルダを検索して自動で画像を貼り付けてくれるツール」(名前付けろ)によって、僕は「フォルダ」や「ファイル」を検索するスキルを身につけていました。
まずはこれを使います。

デスクトップにあるフォルダ、そしてその中にあるファイルをすべて検索できるようにしました。

「ファイル名一括変更ツール」のおかげで、リネーム技術もばっちりです。

さあ、できました。

「デスクトップにあるフォルダを全て『新しいフォルダー(n)』にリネームして中身を全て『新しいファイルー(n)』に変換するツール」です!!!!!

仕事には使えねえ!!

ボタン一発でデスクトップを新しいフォルダーが埋めつくす…!
これこそブラック企業で身につけた僕のスキルの結晶…!

極めつけには、デスクトップ画面いっぱいに広げた付箋。

そこに「お前も『新しいフォルダー』にしてやろうか!(中央揃え)」と、でかでかと書いて完成!

「お世話になりました!!」

辞めていった僕を咎める手段はもうないのでした!ふはは!

後日談

集大成ツールの作成途中、どこで間違ったのか、nullフォルダが大量発生するループに入ってVBAが強制終了するということがありました。
結構長い時間画面固まるし、あの時はひやひやしたなあ。

結局サーバーにアップされているツールはその後も使われ続けたそうです。

現場にいた同期に「あれ気づいた?」と聞いてみました。

「お前も『新しいフォルダー』にしてやろうか? 〇〇さん怒ってたよ。みんな笑ってたけど」

この言葉を聞いて僕は内心ガッツポーズですよ。
ただし同期からはお叱りの言葉もいただきました。

お前のせいで仕事増えたわ死ね

あ、うん。
マジでごめん。

というわけで、ツール消して仕返ししてやったぜの話でした。

みんなもやるといいよ!