【2017年最新版】Queryfeedの使い方!Twitterの更新をRSS取得でFeedlyなどに表示させてツイートを読む方法

誰かのツイートをFeedlyやinoreaderで受信できるようにしたいと思ったことはありませんか?

inoreaderは無料だと1アカウントしか登録できません。
お金を払っても最大60アカウントまで。
Feedlyではそもそも受信することすらできません。

なぜならTwitterはRSSを配信していませんからね!

Twitterのリスト機能使えって話なんですが、この記事を読む人にとっては、そうじゃないんだよな~って話ですね。

というわけで、ツイートの更新通知をFeedlyやinoreaderで読めるようにしよう!というのが今回の記事です。

スポンサーリンク

Queryfeedとは?

今回、SNSのRSSを取得するに当たってQueryfeedというサイトを利用します。

SNSは元々RSSなんて配信していないので、こちらのサイトを介して成形してあげなければいけないんですね。

一言で説明するなら。
Queryfeedとは、SNSをRSS化するもの。

という認識で問題ないかと思います。

ちなみに、これさえ使えばTwitterだけでなくFacebookやGooglePlusやInstagramの更新通知も受け取れます!

順を追って説明しましょう。

TwitterのRSSを取得する手順

使い方

まずは、Queryfeedに飛びましょう。

はい、こちらですね。

英語のサイトですが、難しいことは一切しませんので大丈夫です!

手順を説明していきます。

1.検索窓にRSSを取得したいユーザー名を入れます。
(例 from:hinazidori)

2.Searchをクリック

こんな感じの画面が出てきます。

3.Urlをコピー

4.取得したいサイトにコピーしたアドレスを貼り付ける

feedlyなら+の部分をクリックして、出てきた検索窓にアドレスを貼り付けるだけですね。

後は通常通り、Followするなりして追加できます!

解説

Classical Twitter Searchの検索窓が公式TwitterのAPIを取得するのに対し、
Alternative Twitter Searchの検索窓は「あなたがリアルタイムで見ているものに近い」ツイートを検索してくれるものです。

Alternativeと書いてある通り、上の検索窓で出てこなかった時の代替案だと思って頂ければ大丈夫です。

検索窓の下にも青字で書かれていますが、色々検索方法があるので試してみるといいかもしれません。
To:hinazidoriなら、hinazidoriへの@ツイート取得ですかね。

上が検索方法の指定です。
・ユーザーネームとidで検索。
・idのみで検索
・ユーザーネームのみで検索
・ツイート内容で検索
があります。

下は現在地の情報を持ったツイートを検索します。
が、僕は現在地情報を持ったツイートをしたことがないので、この点に関しては分かりません!

海外では一般的なんでしょうか?

・Omit direct messages (started with @someuser)
@ツイートを省く

・Omit retweets (started with RT)
リツイートを省く

・Show images as attachments
画像を表示する

こんなところですね。

FacebookやInstagramなど、その他SNSのRSSを取得する手順

トップページを下にスクロールしていくと、他のSNSの検索窓が現れます。

こちらはTwitterほど厳密な検索方法ではありません。

検索ボックスに取得したいワードを入れるだけ。

試しにGoogle+に「」を入れて検索してみます。

そうすると、結果が出て来ます。

あとはTwitterと同手順ですね。
アドレスをコピーして、Feedlyなどに追加すれば完了!

これで欲しい情報がいち早くGETできますね!

アクセスアップ記事

ブログ初心者のアクセスアップの参考になりそうな記事をまとめています。
過去の試行錯誤が垣間見えます。