実はテキトーでOK?ブラック企業から退職した僕が退職願・退職届の違いと提出方法を教える

辞表バン!(デスクに叩きつける)は創作の中だけの話です!

よっぽどむかついた会社じゃなければ、ちゃんとした手順を踏むことをおすすめします。

まずは、退職願と退職届について説明しておきましょう。



退職願と退職届の違いとは?

簡単に一言で説明してしまいましょう。

退職願:退職届を出す前に「辞めますよ」と宣言するもの
退職届:実際に「辞めますさようなら」と会社に別れを告げるもの

一般的な流れとしては、

退職願を提出する。
 ↓
退職届を提出する。

こうなりますね。

退職願の提出は必須?

円満退社をするためには必須になります。

辞表バン!はまさに退職願をすっ飛ばして、いきなり退職届を出す方法のことですね。

ただ、退職願を出しただけで退職が決定するわけではありません

退職願を提出すると、会社の方から「この日に手続をするので、その日に退職届を持ってきてください」と言われるのが普通だと思っているのですが、まあ会社によって多少の違いはあれど、退職願を出した時点でなんらかの指示があるはずです。

こういうものなので、別に退職願を出したからといって必ず辞めなければいけないわけでもないですし、「やっぱやーめた」と言って辞めることをやめるのも可能です。

退職届の提出は必須

これは間違いなく必須です。
よっぽど適当な会社でもない限り、退職届は人事経由で社長の下に届くようになっているはずです。

そして出した後はもう後戻りできません。

退職届を提出した流れで書類に色々判子を押して、晴れて退職が完了します。

僕は退職したその日にスーツ姿で『君の名は。』を観に行って泣きながら帰りました。

退職願の書き方と提出方法

退職願の場合

なんか勘違いされがちですが、退職願は手書きじゃなくていいです。
いつも仕事のメール送る感じで上長に辞める意志を伝えればオッケーです。

ていうか、

今日日便せんに手書きで退職願出す人なんているんですか?

なんなら退職願なんて出さなくてもいいものですからね。
もしかすると会社によって明確なルールが決まっている可能性もあります。

ただ、普通の会社は「退職の手引き」なんて社員に退職を促すようなルール作ったりしていませんよ。

だからこんなもんただの慣習であって、法律上なにか決まっているものでもないんです。

これから「退職届出すから覚悟しておけよ!」ってことが伝われば大丈夫です。

それでも考えるのが面倒だって人には、テンプレートを用意しておくので使うとよいです。

退職願のテンプレート

退職願

〇〇部長

お疲れ様です。
〇〇部の〇〇です。

忙中、突然の連絡で恐縮ですが、私の進退についてお伝えしたいことがあります。

熟慮の末、〇〇会社を退職する意志を固めました。
当メールを以て『退職願』とさせてください。

一度、この件に関してお時間をいただければと存じます。

よろしくお願いします。

〇〇

ポイントは「このメールが退職願だよ」と分かるようになっていれば、周りの言葉は何だっていいってことですね。
もうこれくらい適当で大丈夫です!

退職願の注意点

いきなり「~日辞めます」みたいなことは絶対に書かないでください。

少なくとも退職願はそういう類のものではありません。

業界にもよるのかもしれませんが、円満退社を目指すなら「あなたが辞めたい日」に辞められることはまあないと思ってください。
いや……もしかしたらこれはうちがブラック企業だったからかも?

とにかく「~日に辞めます」はだめですね。
その理由は、上記にあるように「退職願」を出したら一度上長と話し合う必要があるからです。
話し合ってください。

ここで具体的にいつ辞めるのかを決めていきます。
希望する日を聞かれるかもしれませんし、3ヵ月間は辞めないで欲しいとか言われるかもしれません。

退職届はその後ですね。

退職届の書き方と提出方法

退職届の場合

恐らく、上長と話し合った時に教えてもらえると思います(教えてもらえなければ聞いた方がいいです)。

特別な指定がなければ、A4かB5の紙に手書きするのが望ましいです。

コピー用紙でもいいですし、便せんを買ってきてもいいです。
要はこれも「退職届」だって分かれば問題ないので、なんだっていいのです。

あとは封筒ですね。

まずは大きさですが、一般的にB5なら「長形4号」、A4なら「長形3号」です。
でも別に入ればなんだっていいです。

白封筒がマナーだと言われますが、会社に恨み辛みがあればマナーなんて守らなくたって構いません。

僕はブラック企業に対して心(日頃の恨み辛み)を込めてパソコンで書いたものを、長さの足りない弔事用封筒に詰めて提出しました。

僕の皮肉は気づいてもらうことすらなく、普通に受け取って貰えましたよ。

退職届なんて、辞めていく人間なんて、所詮その程度にしか思われていません。

安心してテキトーに出しましょう。

退職届のテンプレート

これは特にブラック企業なら指定をしてくると思いますね。

「一身上の都合」と書きなさい、と。
面倒だったので僕はこれに従いましたが、会社的には「一身上の都合」と書いてある退職届が手元に残っていると非常に都合がいいです。

「会社都合」ではなく、「自己都合」で辞めていった証拠になるわけですから。

実際、自己都合で辞めることになってしまいますので、大人しく「一身上の都合」と書いてあげましょう。

退職届

この度、一身上の都合により〇月〇日をもって退職致します。

〇年〇月〇日

〇〇部〇〇 印鑑

〇〇会社
代表取締役 ほげ様

特に指定がなければ、こんな感じで大丈夫です。

封筒は両面とも何も書かずに封をせず提出して問題ありません。

間違っても、「お願い申し上げます」なんて言葉を使うのはやめましょう
退職は社員が行使できる権利であって、お願いしなければできないものではありません。

あなたの意志で退職できるのです。
だから、宣言で大丈夫です。

退職届の注意点

何度も言いますが、会社によって文化が違うので何か指定をしてくる場合があります。
その場合はちゃんと会社に従ってください。

特にIT企業だと(ないとは思いますが)退職届をシステムに打ち込んで社内システムから社員名簿をデリートするなんて処理をやっているかもしれません。
だからメールでください、とかそういうのがあるかもしれません。

あくまでも上記は指定がなかった場合に使ってくださいね。



退職に対する意識

僕は辞める寸前まで散々ブラック企業に搾取されてきたので、最後くらい一発食らわしてやると思い、あえて挑発的に退職願・退職届を提出しました。

でも、会社にとってそんなもの些事ですし、提出方法だって世間的に決まったものではないのでしょうね。

結局、気づいてすらもらえませんでした。

昔は一つの会社に定年まで勤めるは普通のことだったみたいです。
今では逆に一つの会社に勤め続けることの方が珍しいですよね。

なので社員側も「このご恩は一生忘れません」みたいな前時代的なことは思いませんし、会社側も「あー次の採用めんどくせーなー」くらいにしか思っていないでしょう。

テキトーで大丈夫です。

そして、辞めるかどうか迷っている人へ

人は選択を迷っている時、既に心の中では答えを決めているといいます。

決まっているのですが、それによる影響が不安で仕方ないから迷っているふりをしているのです。

僕は辞めればいいと思いますよ。

会社辞めるなんて「ブックオフに本売りに行こ」くらい気軽にやっていいと思います。

このご時世、辞めて餓えることなんてないです。
やりたくもない仕事をストレス抱えながら続ける方がおかしいです。

退職願も退職届もちゃちゃっとテキトーに書き上げて、さっさと提出してしまいましょう!

出してすぐ辞められるわけではないですからね。