停止されたアドセンスの広告ユニット復活までに3週間かかった話

審査のことばかりが話題になるGoogle AdSenseですが、停止されることがあるのを忘れている人もいるのでは?

今回の記事では、停止される理由の中でも一番間抜けな理由で停止された僕の例を紹介してみます。
(アドセンスの画像貼ったらBANされそうなので、今回はテキストのみで…)

スポンサーリンク

Google AdSenseを停止された理由

停止の理由には、ポリシー違反とか色々あると思います。

ただ、そのような停止理由は停止されて当然の理由であって、まともなサイト運営を続けていれば恐らく避けられるものです。

僕が停止された理由は、そんなものではありません。

振込分の収益が発生したのを放置していたら停止になっていました。

え?と思いますよね。

普通、収益が発生して振り込んでくれるって言ってるのに放置する人っている?

僕でした

というか、3年前くらいのブログを放置していたら、いつの間にかそれくらい収益発生していました。

びっくりしましたよ。

どうやら振込みが近くなると、住所確認を要求してくるわけですね。

それが確認できないと、広告ユニットを停止されてしまうのです。

設定してあった住所を確認してみると、2つ前に住んでいた住所でした…。

広告ユニットの停止を解除する

仕事を辞めてガチでブログを始めるつもりだった僕は、Wordpressでブログを作り始めていました。

当初はソシャゲのデータベースとかツールとか作って攻略サイトをやるつもりだったのです。
MySQLをローカルに入れていて、XAMPPでWPを導入しようとしたのですが、MySQLが競合してしまって既にあったデーブルがぶっ壊れることに。

バックアップは取ってあったので問題ないと言えばなかったのですが、なんか労力に反して金にならなそうだと思った僕は攻略サイト作りをそこでやめました。
ソシャゲには賞味期限もありますしね。

そんなこんなでブログを作って、さあ広告貼ろうとなったところでアドセンスのホームに赤い警告を発見したのです。

曰く、「住所確認(PIN)の手続が終わっていないため、広告ユニットに広告が掲載されていません

こんなん笑っちまいますよおおおおおお!

すぐに指示に従って、現住所にPINlコードを郵送してもらいます。

しかし、ここからが長い…。

広告ユニットの停止解除までにかかった期間

申請したのは1/16でした。
到着したのは2/7です、

その期間、実に3週間。

発送までには申請日から3~5日
さらに到着にはそこから2週間~4週間かかると書いてありました。

これは痛い!

Googleが確認すると言ったらするのです。

住所なんて即座に教えてしまいましょう
たぶん悪用されることなんてありません。

まとめ

アドセンスを利用している方は多いと思います。

放置しているブログですら収益を上げられるのがアドセンスです。

一方でそれなりに色々考えて頑張っている現状のブログで、他のASPやアドネットワークを導入していても収益はまだ缶ジュース一本にも満たない状況です。

住所確認の必要が出てきたら、即座に住所確認を行いましょう。

このブログも順次広告をアドセンスに変更していきたいと思います…。

こんな間抜けな理由で停止されるのは、本当に勿体ないことですよ…。

(友人には最初信じてもらえませんでした)

アクセスアップ記事

ブログ初心者のアクセスアップの参考になりそうな記事をまとめています。
過去の試行錯誤が垣間見えます。