【SI業界】非喫煙者の僕が煙草休憩とかいう理不尽をどうにかした話

どうも、非喫煙者の地鶏です。

非喫煙者の自分としては喫煙に対して思うことなんて嫌悪感しかないわけですが、実は悔しいことに職場によっては喫煙が明確なメリットになる場合があるのでご紹介したいと思います!

順を追って説明しましょう。

まず、メリットの前に職場の喫煙事情から。

スポンサーリンク

職場内マップで喫煙所の位置を把握しよう

SI業界に身を置いていた自分の場合。

SIは現場を転々とすることになります。
なので、新しい現場に来たら、まずは館内図を確認します。

このマップは職場に直接貼られているところはあまりなくて、だいたいローカルサーバにマップが置いてあります。
喫煙者が強い職場では、「喫煙所マップ」なるファイルが作成されていることもしばしば。

云十階建てのオフィスビルとかになると何階にあるか分かりませんからね。

さて、本題です。

非喫煙者の方へ。

マップを確認して喫煙所があったら、あなたにとっては最悪な現場になる可能性があります。

喫煙者の方へ。

おめでとうございます。
煙草を交換する程度のコミュ力で、あなたは仕事をサボっていても仕事が出来る人扱いされる可能性があります。

そんな現場にいる人は既に気づいているかもしれませんが、説明していきます。

あいつらまじで喫煙所から出てこねえ

先述しましたが、僕は非喫煙者です。

ですが、喫煙所には毎日何度も通っていました

職場において喫煙の何が害悪か?

外で吸ってくれるなら、なんら構わないんですよ。
煙草自体が及ぼす影響についてはね。

オフィスに煙草の臭いを撒き散らさないなら何だっていいんです。

問題は、喫煙所であり、喫煙者のモラルなんですよ。

喫煙者には特権があります。

ご存じ、煙草休憩です。

1時間仕事をしたら、煙草休憩(1時間)。

昼休みの後はダイレクトで煙草休憩(1時間)。

煙草休憩の後に会議。
1時間の会議が終わったあと、さらに煙草休憩(1時間)。

お前らいつ仕事すんの?

いやいや、と喫煙者の方々には否定されてしまいますね。

なぜなら彼らの言い分では、「喫煙所で仕事している」なんですから。

非喫煙者の僕が喫煙所に通った理由

煙草休憩(1時間)を終えて帰ってきた彼らは、言うんですよ。

「はい、みんな集まってー。次の仕事決まりました

???

なんと……。

喫煙者の方々は喫煙所で仕事をまとめていたのです。

これにより、職場によっては喫煙者に対して以下の優遇措置が適用されます。

・喫煙所で仕事が決まるため、偉い人から見ると居合わせるだけで仕事が分かる人材扱いされる
・煙草休憩というリラックスした空間で仕事をサボりながら仕事ができる
・喫煙者コミュニティで仲良くなれる(だいたい偉い人の集まり)

これは裏を返すと、非喫煙者にとって最悪な事態なのです。

・めっちゃ頑張ってるのに偉い人は見てないし仕事できないやつと思われちゃう
・大人しくてコミュニケーションが取れないやつと思われがちで出世に響く
・単純に休憩が少ねえ

以上により、僕が出した結論はこうです。

「あ、〇〇さん、煙草っすか? 僕も行きます」

吸わないけど…ついていく!

これにより煙草を吸って肺を汚すという人体への直接的な被害を回避しつつ、仕事上も有利に立つという策略を実行に移せたのです!

ちなみに喫煙所は外だったので風上に立てば副流煙も問題なし。

おかげさまで色んな人と仲良くなれて、お客さんからのウケも上々、現場を離れるときにはお別れ会までやってもらっちゃいました!

ついでに持病も治りました!!

まあ、喫煙所から戻ってきた時の非喫煙者たちからの目線の白さはアリエールもびっくりでしたけどね!!!

というわけで、不幸にもこのような職場に行き当たってしまったあなた。
諦めて何らかの対策を講じましょう。

ちなみに一番楽なのは、健康とお金を捨てて喫煙者になることです。

余計なストレスもなくなりますよ、たぶん。