SIの収入は残業手当の条件によって大きく変わる

SI業界というか日本の企業には二種類の企業が存在します。

残業代が全額出るか、出ないか。

収入って大事!
仕事の内容なんてどうでもいい!世の中金なんだよ!

っていう本音をぶちまけたい日々を送る人々のために、SI業界の残業代についてお話しましょう。

スポンサーリンク

残業手当よりも基本給を気にするべき?

残業手当の条件は各会社によって違うのは当たり前ですが、これ残業代全額出るからいいってわけでもないんですよね。

SIの職場には大中小様々な企業の人員が集まって仕事しています。

僕が飲みの場で聞いて回ったのが情報ソースで申し訳ないのですが、残業手当に関しては全額出る会社と見なし残業の会社で半々くらいでしたね。

ちなみにうちは残業代全額支給でした。基本給は大学生のバイト代くらいでしたけど。

とある大企業が見なし残業で、そこの社員の人に「全額支給いいな~」とか言われるんで、基本給は?って聞いてみたら同じ新人なのに倍くらい貰ってて呆れたことがあります。

なので、

  • 残業代全額支給の場合、基本給は低い。(会社からすると定時で帰らせれば見なし残業に比べてそれだけ浮きますからね)
  • 見なし残業の場合、~時間分上乗せされてるので基本給は高い。(これを基本給と言うのかどうか僕は分からないですが)

どちらが良いのでしょうか?

どちらが良いとは言えない

全額支給!?ホワイトじゃん!と思うかもしれませんが、全額支給企業には、必ず守銭奴上司がいます。


金のために毎日終電まで残り、休日の割増残業手当のために土日出勤をする。

これを上司一人でやると会社に怪しまれるため、部下が道連れにされます。

なにせ残業すればするほど稼げるわけですからね。
際限なく続いていきます。

上司、よくそんなに体力持つよね。

いや、持つんだよ。

だって、部下に仕事やらせて自分は寝てんだもん。

全額支給の場合、運が悪いとこういう上司に当たります。

高確率でヒットします。中小企業の場合、余裕がないので上にチクっても改善されません。それがSI業界です。

睡眠時間と自由時間をダイレクトに削ってくる身体的問題と、クズ上司にいいように使われる精神的問題に耐えなければいけないので、全額支給も良いことばかりではないですよ。

僕の同期は半分辞めました。
僕以外みんな精神科に通って医者からなんか書類貰ってやっと辞めてました。
僕はそういう裏技を使えなかったので辞める交渉初めてから1年かかりました。

ちなみに残った半分が今どうしているのかは分かっていませんが、僕が辞める前に話した段階ではみんな辞めたがっていました。

一方で、見なし残業の企業の上司はみんな平和そうでしたよ。
一癖も二癖もある変態ばっかりでしたが。
釣り好きが高じて舟買っちゃった人とか。ゴルフ場持ってる人とか。今なおプレイボーイな50代とか。

大企業だからクズが比較的淘汰されやすい環境でもあるのでしょうが、金が関わってこないので平和そうでした。

それに何と言っても、残業しても損するだけなのでみんな頑張って定時内に終わらせようとするんですよね。

…しかしまあ、たぶんどこの業界もスケジュール通り上手くいくものではないんですよ。

プロジェクトが炎上し始めると、帰れない日だってありますから。
毎日終電で土日も出て…そんな時期は見なし残業の人たちにとって辛いでしょうね。

まあだいたいこういう炎上って、全額支給企業所属のクズ上司が引き起こすものだったりするんですけど!

ちなみに基本給の差により、僕が頑張って残業したところで大企業の同年代の収入と大して変わりはありませんでした。

なので、

結論としてはどちらが良いとは言えない。

強いて言うならどっちもだめだ!SI業界なんてやめておけ!

基本給も低くて残業代出ないというそこのあなた。

嫌ならさっさと辞めよう